フォーサイトは怪しいのか?【口コミを信用してはいけない理由】

フォーサイト

フォーサイトは怪しいのか?【口コミを信用してはいけない理由】

 

  • フォーサイトってちゃんとした会社なの?
  • なんか怪しくない?
  • 自分に合っているのかな?

 

こういった悩みにお答えします。

 

本記事の内容

  • なぜフォーサイトを怪しいと感じるのか
  • 通信講座を選ぶ際の注意点
  • 受講経験者の実際の評価は?

 

私は都内と働く現役の社労士です。

私も過去にフォーサイトの社労士講座を受講しました。

受講前に、ネットの口コミなどを見て「この評価は本当に正しいのか」と疑問に思ったこともあります。
 

そんな経験から、「フォーサイトが本当に信用できるのか」あらゆる角度から徹底解剖しようと考えました。

フォーサイトの受講を検討されている方にとって、役に立つ記事になっていると思いますので、ぜひご覧ください。
 

フォーサイトが怪しいと思う3つの理由


 
社労士の通信講座について調べていると、フォーサイトがやたらと出てくることありませんか。

なんかゴリ押しされていて、怪しいと感じる方も少なくないと思います。

フォーサイトを怪しいと感じる主な理由は、次の3点だと考えます。

 

3つの理由

  • 良い評価の口コミが溢れている
  • 会社名に聞き馴染みがない
  • 安くて合格率が高いの売り文句

 

良い評価の口コミが溢れている

受講前、フォーサイトの口コミが、不自然に良い評価ばかりだった気がしたので、改めて調べてみました。

やはり悪い口コミはあまり見つけられず、これでは受講を検討されている方の参考になりません。
 

なぜこのような現象が起きているのでしょうか。

その理由は、私がブログを始めてすぐに判明しました。

 

現象が起きる要因

良い評価の口コミを載せているブログは、アフィリエイト報酬目的

 

フォーサイトは、他社と比べアフィリエイト報酬が高いです。

また他社は、資料請求だけで報酬を得られる一方で、フォーサイトは講座の注文が入らないと1円の報酬にもなりません。
 

そのため、受験生の方に講座を注文してもらおうと、どのブログも良い口コミを集めて紹介しています。

 

これに対する反論意見

良い物が単純に評価されているだけ

 

確かに、「良い物が単純に評価されているだけ」という意見もあると思います。

ただ、社労士試験は9割が落ちる試験です。
 

その不合格者の何割かは「フォーサイトを受講して失敗した」などの悪い評価をするのが自然ではないでしょうか。
 

本来良い口コミばかりが、溢れるはずがないのです。

そのため口コミの評価だけを見て受講を決めるのは、非常に危険です。
 

受講する前は必ず資料請求を!

受講する前は、必ず資料請求をして、サンプルテキストで講座を体験するようにしてください。

 
ちなみに資料請求はもちろん無料ですし、私に1円の報酬も入りませんので、ご安心を!
 

不安な方は、「フォーサイト」と検索すれば、公式サイトがトップに出てきますので、そちらから資料請求してください。

 
フォーサイト公式サイトはこちら

 

会社名に聞き馴染みがない

2つ目は、会社名に聞き馴染みがないということ。

 

フォーサイトの知名度がない理由

  • 資格専門の通信講座であるため
  • ネット広告が中心

 

資格専門の通信講座であるため

フォーサイトは、現在国家資格を中心とした17の講座があります。

資格取得に今まで興味がなかった初学者の方に、聞き馴染みがないのは当然です。
 

有名な通信講座と言われパッと出てくるのは、ユーキャンでしょうか。

ユーキャンは、普段の生活に役立つようなものも含めて、150以上の講座を展開中。

 

主な講座一覧

フォーサイト ユーキャン
  • 社会保険労務士
  • 行政書士
  • 宅建
  • マンション管理士
  • 通関士など
  • 食生活アドバイザー
  • 大人のピアノ
  • 速読
  • 実用ボールペン字
  • 介護事務など

 

ユーキャンは、フォーサイトが展開している17の資格講座はもちろんですが、上記のようなバラエティーに富んだ講座も取り揃えています。
 

そのユーザーの多さが、通信講座と言えばユーキャンという認識が世間に広まり、知らない人はほぼいないのではないでしょうか。
 

ネット広告が中心

ユーキャンや大原と言った大手企業は、テレビCMを流すことで知名度を上げています。

それに比べフォーサイトは、インターネットやyoutubeの広告が中心です。

こんなyoutube広告を観たことありませんか。
 

 

リスティング広告やyoutube、先ほども触れたアフィリエイターに紹介してもらって、集客しています。

インターネットは、詐欺まがいの情報商材などが溢れているため、ネット広告中心のフォーサイトを怪しいと感じるのでしょう。
 

商品を紹介する媒体によって、こんなにも信用度が変わるということです。

 
ただ、2019年の広告費は、ネット広告がテレビ広告を上回る結果となり、今後その差は広がっていくことが予想されます。

 
つまりネット広告は怪しいという考え方は、もう捨てるべきなのです。
 

それでも怖い方へ

通信講座は、安い買い物ではありませんので、失敗はできません。

受講経験者の知り合いがいれば、感想を聞くのが一番いいでしょう。

そんな人いないという方は、私のフォーサイト受講当時の失敗談を参考にしてみてください。

こちらの「【フォーサイト失敗談】社労士試験に不合格となった理由」で詳しく書いていますので、興味があればどうぞ!

 

【フォーサイト失敗談】社労士試験に不合格となった理由
「フォーサイトの合格率ってホントなの?」「社労士試験に挑戦しているが、なかなか合格基準に達しない」という方必見です。 本記事では、数ある通信講座の中で、全国平均の4倍以上の合格率を誇るフォーサイトの社労士講座について解説します。 私が実際にフォーサイトを受講して合格した勉強法や、一度不合格になってしまった失敗談なども交えながら解説していきます。

 

安くて合格率が高いの売り文句

3つ目は、「安くて合格率が高い」は疑いたくなるという点です。

口コミなどで、「フォーサイトの合格率は、全国の4倍以上」「業界最安値の受講料」など観たことありませんか。

 

みなさんの声

  • そんなうまい話ないでしょ!
  • ぜったい詐欺だ!

 

投資の世界でもローリスクハイリターンは、絶対あり得ません。

もしそんなことがあったら絶対詐欺なので、騙されてないようにしてくださいね。
 

実際に価格や合格率でゴリ押しするのは、アフィリエイトの悪いところです。
 

数字などはわかりやすく、ユーザーが一番反応するので売り込みに使われやすい傾向にあります。
 

ただ数字が嘘をつかないのも事実です。
 

「合格率」や「受講者数」、「セット価格」など企業によって、見せ方が違いますが、数字の改ざんは信用問題にもなるので、あり得ないでしょう。
 

そのため重要なのは、基準を合わせて他社比較することです。

 
各社の公式サイトに記載されている数字だけで、比較するのは絶対にやめましょう。
 

こちらの「フォーサイト社労士講座を徹底分析【7万人に選ばれた講座の実態】」では、基準を合わせて「フォーサイト」「クレアール」「ユーキャン」3社を比較してますので、興味があればどうぞ。
 

フォーサイト社労士講座を徹底分析【7万人に選ばれた講座の実態】
「フォーサイトってよく聞くけど信用できる?」「社労士講座を受講した人の体験談を聞きたいなあ」「他社との違いがわからない」フォーサイト社労士講座の受講を検討されている方で、こんな悩みをお持ちではありませんか? 本記事では、フォーサイトのメリットだけでなく、私の受講経験から感じたデメリットも包み隠さず紹介します。 フォーサイト社労士講座の受講を検討されている方は、まず本記事をご覧ください。

 
【無料】資料請求はこちら

 
ここまでの復習も兼ねて、通信講座を選ぶ際の注意点を見ていきましょう。

 

通信講座を選ぶ際の注意点

 

注意すべき4点

  • 知名度で講座の良し悪しは決まらない
  • 企業が公表している数字を鵜呑みにしない
  • 他社比較は基準を合わせるべき
  • 口コミは悪いものを参考にする

 

知名度で講座の良し悪しは決まらない


 
知名度なんていうのは、高いテレビの広告費を出して、露出度を上げれば、高くなります。

なので「知名度の高さ」と「講座の質の良さ」を同じにしてはいけません。

 

例えるなら・・・

 

「人気のある俳優」と「演技力(実力)のある俳優」が違うのと一緒です。

事務所が若手俳優を売り込んで、映画やドラマに出して人気が上げるということがよくあります。

俳優なら、映画やドラマに出ることで、演技力が磨かれて実力が上がっていくのでいいでしょう。

 

では通信講座の場合は、どうでしょう。

 
みなさんは、完成された教材を提供されるわけですから、自分の元に届いてからその質が良くなることはありませんよね。
 

大切なのは、広告費などにお金を使って、知名度を上げることではありません。
 

「教材を見やすくする」「講義動画の質を高める」「サポート体制を強化する」とか、コンテンツの質を高めることにお金を使うべきなのです。
 

企業が公表している数字を鵜呑みにしない

通信講座各社が公表している数字は、あくまでも自社が設定した基準で算出したものです。

その詳しい算出方法も公表されていないのがほとんど。
 

合格率など実際に、どの受講者までカウントしているのか不明です。

 
模試だけや単科の講座のみを受けた受講生もカウントしていたら、それは通信講座の実力ではないだろと言いたくなりますよね。
 

なので公式サイトなどで、公表している数字は、あくまでも参考までに留めておいてください。

 

他社比較は基準を合わせるべき

前述したとおり、各社が公表している数字は基準がバラバラです。

そのため比較対象にはなりません。
 

基準を揃えてから比較するようにしましょう。

 

揃える基準

  • セット内容は同等程度の講座か
  • 受験年度
  • クーポン値引き後の価格か
  • 教育訓練給付制度はあるか

 

この辺を合わせておけば大丈夫でしょう。

特に価格は、定価など合ってないようなものです。
 

年中、キャンペーンやらクーポン取得などをやってますので、値引き対象後の価格を基準にするようにしましょう。

 

口コミは悪いものを参考にする

アフィリエイト報酬目的の口コミが、世の中には溢れています。

 

また現在、通信講座の需要が高まっていることもあり、どの講座も質は非常に高く、差をつけるのは難しいです。

 

そのため悪い口コミを参考に、デメリットに注目しましょう。

 
他の人がデメリットだと感じたことでも、自分にとってはそうでもないことはよくあることです。
 

自分の性格や生活スタイルに合った講座を受講することが大切です。

フォーサイトの社労士講座でよく聞かれる悪い評価については、次章を参考にしてください。

 

受講経験者による悪い評判


 
フォーサイトの悪い評価で、よく見かけるのは次の3つです。

 

フォーサイトへの不満

  • 経験者にとっては物足りない
  • 動画に無駄がなく単調に感じる
  • 教材が送られてくるペースが遅い

 

フォーサイト社労士の基礎講座を受講すれば、頻出の基本的な知識は確実に身に付きます。

あとは過去問や直前対策講座などで、合格ラインまで引き上げるというスタイルです。
 

本試験で出題される可能性が低いところは、結構大胆にカットしているので、高得点を狙いたい他社の受講経験者に向かない講座です。
 

なので個人的にフォーサイトは、「初学者かつ1年以内の短期合格を目指したい方」におすすめします。

 

また短期合格するには、フォーサイトの教材をフル活用しないと厳しいでしょう。
 

活用術などは、フォーサイトの合格者の声などで紹介されていますので、参考にしてください。
 

「自分はフォーサイトに向いているのかな」と心配の方は、こちらの「フォーサイト社労士講座の評判【現役社労士による評価とは?】」をどうぞ!

自分がフォーサイト向きか診断してみてください。
 

フォーサイト社労士講座の評判【現役社労士による評価とは?】
「フォーサイト社労士講座の評判を知りたい」「デメリットはないの?」「教材は私に合うかな?」そんなお悩みを解決します。 私は過去にフォーサイトの社労士講座の受講経験のある現役の社労士です。 受講した経験を踏まえたフォーサイト社労士講座のメリット・デメリット、世間の評判に対する現役社労士の視点からの意見も述べたいと思います。

 

本記事のまとめ

  • フォーサイトの口コミを信用しすぎてはダメ
  • どんな講座も受講前に必ず資料請求を
  • 企業が公表している数字を鵜呑みにしない
  • フォーサイトは初学者かつ1年以内の短期合格を目指したい方におすすめ

 

【2022年度試験対策】フォーサイト社労士講座|数量限定の特典とは?

【2022年度試験対策】フォーサイト社労士講座|数量限定の特典とは?
「2022年度社労士対策っていつから始めるべき?」「フォーサイトで一番得する受講時期は?」「フォーサイト社労士講座ってどうなの?」こんな疑問にお答えします。 社労士試験に挑む方が勉強を始める一番いいタイミングは、決心した今すぐです。そうしないと、受験期間が長期化する恐れがあります。本記事では、フォーサイト2022年度社労士対策を今受講すべき理由やフォーサイト社労士講座の特徴についても詳しく解説します。

 

タイトルとURLをコピーしました