まず確認!社労士試験の受験資格【合格者の声から共通点を徹底分析】

社労士

まず確認!社労士試験の受験資格【合格者の声から共通点を徹底分析】

  • 社労士試験に受験資格ってあるのかな?
  • 社労士試験の特徴は?
  • 受験者はどんな人が多いの?合格者の共通点は?

こういった悩みに答えます。

本記事の内容

  • まず確認!社労士試験の受験資格
  • 社労士試験のどんな試験?科目合格もあるのか?
  • 口コミと公式データから見る合格者の特徴・共通点

著者は、社労士試験を2度受験した経験のある現役の社労士です。
受験当時、受験資格の内容を見て全然理解できませんでした。

同じ悩みを抱えている方や受験しようと考えている方向けに、受験資格についてわかりやすく解説します。

本記事をまず読んで、悩む時間を勉強に費やしてください。

まず確認!社労士試験の受験資格


社労士試験は、誰しも受験できるわけではなく、3つに分類される要件のいずれかを満たしていないといけません。

社労士試験の要件の種別

  • 学歴要件
  • 実務経験要件
  • 試験合格要件

それぞれの要件の詳細を見ていきましょう。

学歴要件

わかりやすいように、学歴要件を更に3つに細分化しました。
1~3のいずれかを満たせばOKです。

1.学校教育法による学校を卒業した者

次の学校を卒業した方は、受験資格があります。

  • 大学
  • 短期大学
  • 専門職大学
  • 専門職短期大学
  • 高等専門学校(5年)

2.課程の修了または単位の修得

次の者は学校在籍中であっても、卒業を待たず社労士試験を受験することが可能です。

  • 専門職大学の前期課程を修了した者
  • 大学で一般教養科目36単位以上、かつ専門教育科目等の単位を加えて、48単位以上の卒業要件科目を修得した者

3.上記の要件を満たさない主な学歴要件
(1)厚生労働大臣が認めた学校等を卒業し又は所定の課程を修了した者
職業能力開発総合大学校の特定専門課程や高等学校又は特別支援学校の専攻科、幼稚園教諭養成機関、小学校教員養成機関などがあります。

その他の機関については、こちらを参照ください。
厚生労働大臣が認めた学校等の一覧【pdf】


(2)専修学校の専門課程を修了した者

平成7年以降に卒業した者

「専門士」「高度専門士」の称号が付与されていること。

平成6年以前に卒業した者


次の3つの条件を満たした学校を卒業していること。

修業年限「2年以上」
課程の修了に必要な総授業時間数「1700時間(62 単位)以上」
専修学校の「専門課程」を修了

平成7年以降に卒業した方は、上記の条件を満たす学校でないと「専門士」「高度専門士」の称号が付与されないため、こちらの要件を気にする必要はありません。

詳しい要件はこちらを参照ください。
専門学校を卒業された方の受験資格について【pdf】


(3)短期大学を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者
全国社会保険労務士会連合会における、個別の受験資格審査を通過した学校や外国の大学の卒業生等が該当します。

高卒の方は、学歴要件を満たさないため、次の「実務経験要件」もしくは「試験合格要件」を満たす必要がありますので、見ていきましょう。

実務経験要件

次のような法人や団体で、社労士業に従事した経験が3年以上ある場合は、要件を満たすことになります。

該当する主な法人や団体

  • 健康保険組合などの労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員または従業員
  • 国家公務員や市役所などの地方公務員、民営化前の日本郵政公社の役員又は従業員
  • 協会けんぽや年金機構の役員又は職員(社会保険庁の行政事務に従事した経験も含む)
  • 社労士もしくは弁護士又はその法人で、業務の補助を行っていた従業員(税理士は不可)
  • 専従の労働組合の役員
  • 会社又はその他の法人で、労務管理に携わった役員
  • 一般企業の総務部などで、労働社会保険諸法令に関する事務に従事した従業員など

実務経験要件の場合は、3年以上の実務経験と、法人や団体から証明書をもらう必要があることを覚えてきましょう。

試験合格要件

次のような試験に合格した経験のある方は、受験資格を得ることができます。

該当する国家資格

  • 司法試験予備試験、旧法の規程による司法試験の第一次試験などに合格した者
  • 行政書士試験に合格した者
  • 税理士、弁理士、司法書士試験などの国家試験のうち、厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した者

その他の厚生労働大臣が認めた国家試験は、こちらを参照してください。
厚生労働大臣が認めた国家試験はこちら【pdf】

また過去に受験している次の方は、受験資格があります。

過去に受験したことがある者

  • 直近3年間の社労士試験の受験票又は成績表を所持している者
  • 社労士試験の一部免除決定通知書を所持している者

その他詳しい要件について、社労士試験のオフィシャルサイトを参照してください。

【参考サイト】社会保険労務士試験オフィシャルサイト

以上で要件の確認ができたかと思います。
その後、まず社労士試験の勉強を始める前に、受験科目や合格基準、科目合格があるのかなどを調べ、学習スケジュールを組み立てる必要があるのでしょう。

社労士試験のどんな試験?科目合格もあるのか?


社労士は、労働社会保険諸法令に精通する労務管理の専門家です。
社労士試験は、多くの労働社会保険諸法令の科目から出題され、試験範囲は相当広いです。

そんな試験の合格を目指すためには、勉強前に社労士試験の概要をチェックして、学習スケジュールを立てるようにしましょう。

学習スケジュール立てるのは、こちらの記事を参考にして頂ければと思います。

社労士試験に合格するための勉強時間は?【年間スケジュールと挫折しないための勉強法を公開します】
「社労士試験に必要な勉強時間ってどのぐらい?」「仕事が忙しいんだけど、大丈夫かな?」「短期で合格したいけど、独学・通信講座・予備校どれが最適なの?」という疑問にお答えします。 社労士試験合格に必要な勉強時間は1000時間とも言われています。 なので、社労士試験合格に必要なことは、それをわかった上で挑戦する「行動力」と、途中で投げ出さない「継続力」です。 まず特別なことは何一つ必要ないということだけ頭に入れて、本記事をご覧ください。

では、社労士試験の概要を確認していきましょう。

社労士試験の概要まとめ

受験科目
  • 労基法/安衛法
  • 労災法/徴収法
  • 雇用保険法/徴収法
  • 健康保険法
  • 厚生年金保険法
  • 国民年金法
  • 労務管理その他の労働に関する一般常識
  • 社会保険に関する一般常識
試験日
  • 8月第4日曜日(年1回)
  • 午前:10:30~11:50(90分)
  • 午後:13:20~16:50(210分)
出題形式(配点)
  • 午前:選択式試験(8科目 × 5点 = 40点満点)
  • 午後:択一式試験(7科目 × 10点 = 70点満点)
合格条件
  • 選択式試験:総得点40点中28点以上、かつ各科目5点中3点以上
  • 択一式試験:総得点70点中49点以上、かつ各科目10点中4点以上

※合格には全体の7割ほど必要

科目合格の有無
受験者数と合格率(令和元年度試験)
  • 受験者数:38,428人
  • 合格者数:2,525人
  • 合格率:6.6%

《参考サイト》【厚生労働省】第51回社会保険労務士試験の合格者発表

以上の概要から社労士試験の特徴をまとめました。

社労士試験の特徴まとめ

  • 過去10年の合格率は、1桁台と非常に低い
  • 科目合格がない
  • 年に1回しかない
  • 1科目の配点が少ない
  • 各科目で合格基準が定められているため、苦手科目を作れない
  • 試験科目は、法改正が頻繁に行われる法律である

ただ社労士試験には、実務経験等によって、一部の科目の免除を受けることができます。

科目免除の条件

《主な資格》

1.国又は地方公共団体の公務員として労働社会保険法令に関する施行事務に従事した期間が通算して10年以上になる方

2.厚生労働大臣が指定する団体の役員若しくは従業者として労働社会保険法令事務に従事した期間が通算して15年以上になる方又は社会保険労務士若しくは社会保険労務士法人の補助者として労働社会保険法令事務に従事した期間が通算して15年以上になる方で、全国社会保険労務士会連合会が行う免除指定講習を修了した方

3.日本年金機構の役員又は従業者として社会保険諸法令の実施事務に従事した期間(日本年金機構の設立当時の役員又は職員として採用された方にあっては、社会保険庁の職員として社会保険諸法令の施行事務に従事した期間を含む。)が通算して15年以上になる方

4.全国健康保険協会の役員又は従業者として社会保険諸法令の実施事務に従事した期間(全国健康保険協会設立当時の役員又は職員として採用された方にあっては、社会保険庁の職員として社会保険諸法令の施行事務に従事した期間を含む。)が通算して15年以上になる方

社会保険労務士試験オフィシャルサイトより引用

科目免除の特別措置があるとは言え、どれも10年や15年の実務経験が必要なため、ハードルは結構高いです。
他にも科目別に、免除を受けることができる条件が定められているので、こちらをご覧ください。

社会保険労務士試験オフィシャルサイト:試験科目の一部免除資格者一覧【pdf】

社労士試験についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考してください。
社労士試験の合格率が低い理由やなぜ毎年4万人程の方が受験する人気資格なのか、その将来性についても徹底深堀しているのでご興味のある方は、どうぞ!

人気資格、社労士の難易度を徹底解析!【毎年4万人が受験する理由も深堀します】
「社労士試験って難しいの?」「どういった資格なのか知りたい!」「将来性は?」という疑問をお持ちの方いらっしゃいませんか? 近年社労士が注目を集めています。今後も「働き方改革」「コロナ対策」「テレワークの普及」に伴い、より一層社労士の需要が高まっていくでしょう。 これから社労士を目指したいという方のために、現役の社労士である著者が「社労士試験の難易度」「社労士の将来性」「初学者が勉強を進める上で苦労する点」について解説します。

社労士試験は、実務未経験で受験する方の割合も非常に高いのも特徴です。
そのためほとんどの方が、免除を受けずに全科目勉強して試験に挑んでいます。

その中で合格する方の特徴や共通点について、深堀していきたいと思います。

口コミと公式データから見る合格者の特徴・共通点

受験者数と合格者数の推移

まず受験者数と合格者の推移について見ていきましょう。
次のグラフが10年間の推移になります。

《参考文献》厚生労働省:合格数等の推移(過去10年間)

30人の合格者の声を徹底調査【共通点を検証】

社労士試験に合格した30人の方の声から勉強方法やモチベーションの保ち方など、合格に直結するであろう共通点を検証しました。

勉強方法編

  • マニアックなところは飛ばして、基本や頻出なところををしっかり押さえる。
  • 重要度を最優先して、メリハリを付けた学習をする。
  • 過去問を何周もしている(最低3周、多い人は10周以上)。
  • 解けなかった問題はそのままにしない。今理解できなくても付箋を貼って必ず戻ってくる。
  • アウトプット中心の傾向にある。
西村 真穂様【合格者インタビュー】2018年度 社会保険労務士試験

学習時間編

  • 平日は2~3時間、休日は5~8時間ぐらいの人が多い。
  • トータルの勉強時間は、平均700~1000時間。最短で500時間ぐらいの人もいる。
  • 学習開始のタイミングは、1年前が多い。最短5か月の人もいる。
  • 隙間時間を活用して勉強時間を確保している。朝早く起きたり、通勤時間、昼休み、営業の移動時間中など。
  • 最初は無理せず、学習のペースを徐々に上げていく。
  • 直前期は、本番を意識した学習をしている。短い時間で問題を解いたり、70問まとめて問題を解く練習など。



精神論編

  • 年金科目に苦手意識を持つ人が多いので、国年と厚年の微妙な違いを意識して学習する。
  • 5,6月は一番勉強がイヤになる時期。合格後のことを考えて、モチベーションを保つ。
  • 合格した人でも、本番2,3か月前の模試で合格基準に達しない人は多い(ちなみに著者も6月と7月の模試どちらも合格基準に達していませんでした)。
  • 本当に実力が付くのは直前期、最後まであきらめない人が合格している。

《参考サイト》フォーサイト:合格者の声

一発で合格した方や5度目の受験で合格した方など様々ですが、最終的には試行錯誤しながら似たような勉強方法や思考にたどり着いているのです。

過去の合格者のマネするのが、合格への一番の近道です。
みなさんもどんどん、マネしましょう。

【フォーサイト失敗談】社労士試験に不合格となった理由
「フォーサイトの合格率ってホントなの?」「社労士試験に挑戦しているが、なかなか合格基準に達しない」という方必見です。 本記事では、数ある通信講座の中で、全国平均の4倍以上の合格率を誇るフォーサイトの社労士講座について解説します。 私が実際にフォーサイトを受講して合格した勉強法や、一度不合格になってしまった失敗談なども交えながら解説していきます。

本記事のまとめ

  • 受験資格には、学歴・実務経験・試験合格の3種類の要件のいずれかを満たす必要がある
  • 科目合格はないが、実務経験によって科目免除を受けることができる
  • 老若男女問わず合格することが十分可能な試験である
  • 勉強方法は、合格者のマネをすべし!

社労士試験の受験資格の要件は、非常に広いです。
それはなるべく多くの方に、チャンスがあるように設定されているためだと、私は思っています。

現に令和元年度試験の合格者の中で、最年少は20歳、最年長は75歳と広範囲です。
女性の合格者の割合も3割以上という高い数字です。

ぜひみなさんも自分には無理と初めからあきらめずに、挑戦してみてください。
あきらめない人にだけ、合格は訪れるのです。



タイトルとURLをコピーしました