【2022年度試験対策】フォーサイト社労士講座|数量限定の特典とは?

フォーサイト

【2022年度試験対策】フォーサイト社労士講座|数量限定の特典とは?

 

  • 2022年度対策はいつから受講すべき?
  • 社労士試験の勉強を始める時期は?
  • フォーサイト社労士講座ってどうなの?

 

私は、現在一般企業で働く現役の社労士です。

社労士試験の初受験の際、フォーサイトを受講した経験があります。

そんな私が、【2022年度】社労士試験を目指す方のために、次のことを解説します。

 

本記事の内容

  • 社労士の勉強はいつから始めるべきか?
  • 数量限定!2022年度対策の特典紹介
  • 初学者向け!フォーサイト社労士講座の特徴

 

フォーサイトでは、「2022度対策講座」を早めに受講することで、2021年度のテキストも付いてくる特典があります。

「それの何がいいの?」と思われた方もいるかもしれません。
 

この特典により、ネットでよく見かける「フォーサイトは教材の発送が遅い!」という唯一の弱点を克服することができるのです。

受講経験者として、この弱点が克服できたら、初学者がフォーサイトを選択しない理由はないと感じます。

2022年度の社労士試験を目指している方で、フォーサイトの受講を検討している場合は、ぜひご覧ください。

 

数量限定!2022年度対策の特典

社労士学習を始める時期は?

 
社労士試験に必要な勉強時間は、1000時間ほどと言われています。

 
普段働いている方や育児で忙しい方が、この時間を確保するのは容易なことではありません。

また合格者の受験回数を見ると、1.2回で合格する方と5回以上合格にかかる方の2極化になっています。

5回以上かかる理由として、次のようなことが挙げられます。
 

社労士試験が長期化する理由

  • 本試験対策ができていない
  • 勉強量が足りない
  • 毎年足切りされている

 

これらすべて準備不足が原因です。

社労士試験は、本試験に向けた対策が山ほどあります。
 

社労士対策の一例

  • 法改正対策
  • 選択式の足切り対策
  • 労働白書・統計対策
  • 一般常識の法令対策
  • 本試験に向けたスピードと正確性を鍛える対策など

 

この対策をする前に、「基礎知識」と「過去問によるアウトプット」は、早い段階で仕上げておく必要があります。
 

学習期間の目安は、1年ほどと言われていますが、始めるのに早いに越したことはありません。

 
「思い立ったが吉日」です。

初学者の方は、フォーサイト社労士講座がおすすめです。
 

フォーサイトの受講者の6割は、初受験者の方となっており、一番支持されている通信講座と言えます。

詳しくは、こちらの受講生アンケートをご覧ください。

 
ただフォーサイトには、一つだけ欠点があります。

そちらを解説しましょう。

 

フォーサイト社労士講座の唯一の欠点

フォーサイト社労士講座の唯一の欠点は、テキストの発送ペースが遅いという点です。

フォーサイトの発送スケジュールは、こんな感じになっています。
 

フォーサイト社労士講座の発送目安

テキストの種類 発送時期(一般常識以外の8科目)
基礎講座テキスト 7月から順次発送され、8科目揃うのは1月中旬頃
過去問講座テキスト 11月から順次発送され、8科目揃うのは3月下旬頃

 

詳しいフォーサイト社労士講座の発送スケジュールは、こちらの「【フォーサイト社労士の受講者必見】初受験向けの学習スケジュールの立て方」でご確認ください。
 

【フォーサイト社労士の受講者必見】初受験向けの学習スケジュールの立て方
「社労士試験の学習スケジュールの立て方がわからない」「フォーサイト社労士講座の発送スケジュールは?」「めんどうだから参考になる学習スケジュールが見たい」こんなお悩み・ご意見にお答えします。 社労士試験に合格するには、スケジュールを立てることは非常に大切です。 勉強を始める前に必ず行う必要があります。 本記事では、学習スケジュールの立て方がわからないという初受験者の方向けのものになっています。 参考に作成した「1年計画」と「半年計画」の学習スケジュールもお役立て頂ければと思います。

 
特に、他社の講座を受講した経験のある方からは、遅くて待てないという声を耳にします。

学習ペースの乱れは、学習効率やモチベーションが下がるので、受験生にとっては絶対避けたいところです。

対策として次のようなものがあります。
 

  • 予習用の市販のテキストを購入する
  • メルカリなどで、昨年のフォーサイトテキストを購入する

 
フォーサイトから教材が届くまでの予習用テキストを用意するという対処法です。

ただ費用が掛かるという欠点が。。
 

「それなら他社の講座を受講しよう」と思われる方も、多いでしょう。

そんな方は、フォーサイト2022年度対策の受講を検討してください。
 

これにより、フォーサイトの一番の不安要素は解消することができます。

 

フォーサイト社労士2022年度対策の特典とは

「2022年度対策講座」を早めに受講することで、「2021年度対策テキスト」が無料で付いてくるという特典があります。
 

付録される2021年度対策の教材

  • 受講ガイド
  • 戦略立案編
  • 合格必勝編
  • 入門講座テキスト
  • 基礎講座テキスト
  • マンガ
  • 合格体験記
  • 演習ノート
  • 合格グッズ

 
これにより、フォーサイト唯一の不安要素が解消できました。
 

また2022年度のテキスト発送前に、前年度のテキストが手元にあるので、しっかり予習もできて、早期の記憶定着に繋がるメリットもあります。
 

 
在庫限りでこちらの特典は終了となります。
 

2022年度の受験を決めた方は、早めに受講申込みしてください。
 

お得なセット価格の確認はこちら

 
「そもそもどうやって勉強を進めればいいかわからない」という方は、こちらの「社労士試験に必要な勉強時間とは?【時短できる良質な勉強法】」をご覧ください。
 

本試験までの毎月の学習スケジュールやポイントを細かく解説しています。
 

社労士試験に必要な勉強時間とは?【時短できる良質な勉強法】
「社労士の合格に必要な勉強時間ってどのぐらい?」「勉強時間をなるべく短くする方法を知りたい!」「参考になる学習スケジュールは?」こんな疑問をお持ちの方はいませんか。本記事では、現役の社労士である著者が、過去に社労士試験に合格したノウハウをすべて公開します。これから短期合格を目指して勉強をスタートする方必見です!

 
続いては、初学者に選ばれるフォーサイト社労士講座の特徴を解説します。

 

初学者向け!フォーサイト社労士講座の特徴


 
フォーサイト社労士講座は、受講生の6割が初学者となっています。

初学者向きのフォーサイト社労士講座の特徴について、受講経験者の目線で紹介します。

 

フォーサイト社労士講座の特徴

法律の初学者の方に、フォーサイトをおすすめする理由として、次のような講座の特徴があるためです。

 

4つの特徴

  • 挫折しづらいテキスト
  • eラーニングシステム
  • 講義動画のクオリティが高い
  • 受講生に優しい制度

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

挫折しづらいテキスト

社労士試験の「労働社会保険諸法令」などの知識は、一朝一夕で身に着くものではありません。

特に初学者が、法律学習の経験者と同じような学習をしても、途中で挫折するリスクは、非常に高くなります。
 

フォーサイトのテキストは、次のような工夫により、初学者に支持されるテキストとなっています。

 

フォーサイトテキストの秘密

  • フルカラーテキスト
  • 他社の半分ぐらいの厚み
  • 図、表やイラストを多用

 


 

〇フルカラーテキスト
 

テキストは、ポイントを押さえながら、早めに何周もすることが大切です。
時間を掛けすぎるのは、禁物。

しかし、2色カラーのテキストなどでは、どこが重要な箇所なのか判断することは難しいです。
 

それに比べフルカラーだと、重要な箇所に目が留まり、記憶の定着にも繋がります。

 
「本当にフルカラーとか効果あるの?」と思った方、フォーサイトは短期間の学習で、多くの合格者を輩出しています。

詳しくは、こちらの「フォーサイト社労士講座の経験者が語る【一発合格できるテキストの秘密】」をご覧ください。
 

フォーサイト社労士講座の経験者が語る【一発合格できるテキストの秘密】
「フォーサイト社労士講座のテキストってどんな感じ?」「初学者だけど大丈夫かな?」「お得なセットがあるといいな」こんな悩みを抱えていませんか。 フォーサイトの受講経験のある現役の社労士が、そんなお悩みにお答えします。 初受験でも多くの合格者を輩出しているのが、フォーサイト社労士講座です。 本記事では、「初学者の短期合格に最適なフォーサイトのテキストの特徴」「一発合格のための学習の進め方」「お得な講座セットのご案内」について紹介します。

 


 

〇他社の半分ぐらいの厚み
 

近年の社労士試験の傾向として、基礎的な知識からの出題が6、7割ほどとなっています。
 

そのため、「基本的な内容」や「過去にも出題されている頻出事項」を押さえることが、有効な勉強法と言えます。

 

フォーサイトテキストの特徴

  • 頻出事項・基礎的な内容を中心に厳選されている
  • 他社に比べテキストの厚みが薄い

 

フォーサイトは、本試験で出題される確率が高いところを厳選し、テキストを構成しています。
 

そのため他社に比べ、テキストの厚みは薄めです。
講座によっては、半分ぐらいと驚きの薄さ。

 
これにより、短期間で同じ論点を繰り返し学習できるので、初学者が頻出事項や基礎知識を定着させるのに、ぴったりなテキストになっています。

 
「テキストが薄くて大丈夫か?」と不安になった方、フォーサイトは全国平均の3倍以上の合格実績があります。
 

合格率が高い理由については、こちらの「フォーサイト驚異的な社労士講座の合格率【全国平均4倍はウソ!?】」をご覧ください。
 

フォーサイト驚異的な社労士講座の合格率【全国平均4倍はウソ!?】
「フォーサイト社労士講座の合格率って4倍もあるの?」「合格率が高い理由を知りたい」「フォーサイトは初学者向きなの?」 フォーサイト社労士講座の受講を検討されている方で、こんなお悩み抱えていませんか。 過去のフォーサイトの受講経験を基に、現役社労士である私がフォーサイト公表の合格率について分析しました。 受講する判断の参考にしてください!

 


 
〇図、表やイラストを多用
 

記憶力の良し悪しは、頭の良さで決まるものではありません。

人が記憶するときは、五感を刺激することが大切。
 

特に視覚は、一番情報量が多いため、うまく活用しましょう。

みなさんも思い出の場所や地元の街並みなど、繰り返し見ている景色って、思い浮かべることできますよね?
 

テキストも同じで、図や表を何度も見ていると、写真のようにが頭の中で浮かんでくるようになります。
 

また図や表でポイントを押さえることで、長い文章での解説もしっかり理解できるメリットもあります。

 
それにより、効率的に予習や復習ができ、より早く学習を繰り返すことができます。

 

eラーニングシステム

スマホの普及に伴い、通信講座ではeラーニング学習の質が、合格率に大きく影響します。

フォーサイトのeラーニングシステム【ManaBun】は、主に次のことができます。

 

ManaBunの機能一部

  • 講義動画の視聴
  • 過去問演習などの3種類のアウトプット
  • フルカラーテキストの閲覧
  • 合格カード(単語帳)の閲覧など

 

特に、スマホ一つでアウトプットできるのがポイントです。

 
合格するには、インプットの倍アウトプットをする必要があります。

初学者の方は、どうしてもインプットの量が増えてしまうものです。
 

アウトプットの量を増やすには、意識的にスキマ時間などを使って、小まめなアウトプットを心掛けることが大切です。

 
「過去問演習」や「〇×問題」「一問一答」など、さまざまなアウトプットができるManaBunは、初学者の心強い味方になることでしょう。

「フォーサイトのeラーニングシステム(ManaBun)について、もうちょっと知りたいなあ」という方は、こちらの「【社労士学習のトレンドeラーニング】フォーサイトManaBun(旧道場破り)の実力とは?」の記事をどうぞ!
 

【社労士学習のトレンドeラーニング】フォーサイトManaBun(旧道場破り)の実力とは?
「フォーサイトのeラーニングってどんな機能があるの?」「ManaBun(旧道場破り)を活用するメリットを知りたい」「使ってみての感想は?」こんなフォーサイト社労士講座に関する疑問にお答えします。 資格学習でこれから主流となる学習法が、eラーニングです。フォーサイトは以前からeラーニングに注力しており、他社と差別化を図っています。 本記事では、業界で一番評価されているフォーサイトManaBunについて解説します。

 

講義動画のクオリティ


 
テキストだけで、法律を理解するのは非効率です。

テキストと講義動画を併用するのが、一番理解を早めてくれるでしょう。

フォーサイトの講義動画には、初学者に支持される理由があります。

 

講義動画の特徴

  • テレビ番組の撮影も行われる専用スタジオでの撮影
  • SNSと連動したeライブスタディ

 


 
〇テレビ番組の撮影も行われる専用スタジオでの撮影
 

フォーサイトは、自社の専用スタジオがあり、すべての講義動画をそのスタジオで撮影しています。

こんな講義動画観たことありませんか。

 

  • 授業の様子を撮影しており、教室内の雑音が気になる
  • 画質や音質が悪い

 

他社は、普段の授業を教室の後ろから撮影するものや、画質や音質にそこまで拘っていない講座も見受けられます。
 

フォーサイトの講義動画は、有名テレビ番組が撮影で使うほどの設備が整った専用スタジオで制作されます。
 

そのため、スマホなどで見ても、雑音や画質は一切気になりません。

 
これらは、実際に見て頂いた方が早いと思うので、こちらをどうぞ!
 

 


 
〇SNSと連動したeライブスタディ
 

フォーサイトは、youtubeでLIVE講義(eライブスタディ)を配信しています。
 

youtubeのため、フォーサイトの受講生でない方も視聴することが可能です。

 
eライブスタディは、eラーニング上で予習問題が予告され、それの問題についてyoutubeで生解説するというものです。
 

Twitterでは、たくさんの受験生が回答について、つぶやくので普段一人で学習している方にとって、とても刺激になります。

 
また正誤の回答割合も出るので、自分の実力のパロメーターにもなります。

LIVE講義は、1時間ほどのボリュームで、一問一問を丁寧に解説してくれています。

本番で出る可能性の高い重要論点ばかりなので、フォーサイト受講生ではない方にもおすすめできます。
 

社会人の方に合わせて、大体20~21時半ごろまでの配信になっています。

 
見逃してもyoutubeなので、翌日の朝の通勤時で観たりできるので安心です。

参考に実際のeライブスタディの様子は体験してください。
 

 

受講生に優しい制度

フォーサイト社労士講座は、通信講座では珍しい8万円台の安価のコースもあるのが、初学者におすすめできるポイントです。

 
安いとは言え、一発で合格できる保証がないため、長い受験生活になれば、高額の受講料を支払うことになり兼ねません。

そんな方のために、フォーサイトでは次のような制度もあります。
 

受講生に優しい制度

  • 全額返金保証制度
  • 教育訓練給付制度

 


 
〇全額返金保証制度
 

社労士試験は、毎年の合格率が6%台と難関資格に位置付けられています。
 

「1回目で合格できるかな」という方のために、フォーサイト社労士講座では「全額返金保証制度」が用意されています。

 
この制度を利用すれば、もし初年度が不合格だった場合でも、全額返金されるので、安心して学習を進めることができます。

ただし、適用される条件は結構厳しいです。
 

全額返金保証の適用条件

  • 全ての確認テストにおいて100点を取得すること
  • 専用試験(学力テスト)を受験し、条件を満たすこと
  • 本試験でも一定以上の点数を満たすこと
  • 本試験前に必要書類を提出すること
  • 本試験後に必要書類を提出・教材の返送をすること

【フォーサイト公式】全額返金保証制度について
 

必ず受講する前に、条件を確認することをおすすめします。
 

またバリューセット3を受講しないと、「全額返金保証制度」を利用できないことも注意してください。

 
フォーサイトを初めて受講しようとしている方は、どのバリューセットを選べばいいか迷うかと思います。

そんな方のために「バリューセットの失敗しない選び方」については、詳しく解説しました。

興味があれば「【フォーサイト社労士講座】知らないと損する3つのバリューセットの選び方」の記事をご覧ください。
 

【フォーサイト社労士講座】知らないと損する3つのバリューセットの選び方
「フォーサイト社労士のバリューセットってどれを受講すべき?」「それぞれの特徴を知りたい」「クーポンを使ってどう申し込む?」こんなお悩み抱えていませんか? どんなに勉強しても、受講すべき講座を間違えると合格に遠回りとなってしまいます。 著者も過去に選んだバリューセットに、後悔した経験があります。 みなさんが同じ後悔をしないように、バリューセットの種類や特徴、おすすめな方についてご紹介します。

 


 
〇教育訓練給付制度
 

バリューセット1か2を受講すると、「教育訓練給付制度」により受講料の20%(最大10万円まで)が戻ってきます。

 
教育訓練給付制度の指定講座は、国の厳しい審査を通過する必要があります。

「運営会社はどんな組織か」「雇用の安定・就職の促進に役立つ講座内容か」などをしっかり見られます。
 

そのため、「教育訓練給付制度」の指定を受けていない通信講座の受講は、おすすめできません。

 
申請しない、もしくは申請が通らない何かしらの理由があるのではないかと思います。
 

受講生にとって、20%(最大10万円まで)補助されるのは大きいですし、申請手続きも簡単なので、対象者は必ず申請するようにしましょう。

 
「教育訓練給付制度って何?」という方、「申請方法」や「対象者」について知りたい方は、こちらの「一体ナゼ!?フォーサイトの受講料が2割戻ってきたワケ【教育訓練給付制度を現役社労士が徹底解説】」をご確認ください。
 

一体ナゼ!?フォーサイトの受講料が2割戻ってきたワケ【教育訓練給付制度を現役社労士が徹底解説】
「教育訓練給付制度ってなに?」「自分は対象になるのかな?」「フォーサイト社労士講座も対象?」「申請方法がわからない」そんな方のために、現役の社労士である私が「教育訓練給付制度」についてわかりやすく解説します。 初めてフォーサイト社労士講座を受講するという方は、申請手続きまで詳しく解説してますので、どうぞご覧ください。

 
またバリューセット1も対象ですが、初学者が受講するのには少し注意が必要です。

その詳細やバリューセット1を受講する注意点については、「フォーサイト社労士講座の注意点【初学者が最安コースで合格できるのか?】」をご覧ください。
 

フォーサイト社労士講座の注意点【初学者が最安コースで合格できるのか?】
「フォーサイトで初学者におすすめなコースはどれ?」「コース選びの注意点ってある?」「なるべく安く受講したい!」フォーサイト社労士講座に関するこんなお悩み抱えていませんか? フォーサイト社労士講座には、たくさんのコースがあって、初めての方にはわかりづらいですよね。 そんな方のために、初受験の方におすすめなコースの紹介、講座選びの注意点について解説します。 フォーサイトの一番安価なコースを受講した際の効率的な学習方法についても詳しく解説します。

 
以上がフォーサイト社労士講座の特徴になります。

 
時間って何もしていないとあっという間に過ぎるものです。
それが1年あっても同じことです。
 

「1年前から受験勉強始めればいいか」という考えだと、受験期間が長引くことは確実でしょう。
 

社労士試験は、1年に1回しかない試験です。

 
準備してもし過ぎることはないのです。
 

お得なセット価格で受講はこちら

タイトルとURLをコピーしました