人事部・総務部のための資格取得【おすすめ資格7選】

資格取得

人事部・総務部のための資格取得【おすすめ資格7選】

 

近年、日本の大手企業では、専門的な知識や能力、経験、仕事内容を明確にし、それに照らし、最も適任な人材を起用するジョブ型雇用制度の導入が広がりつつあります。

 

これにより賃金も仕事の難易度や専門性に応じて決定され、より専門性が高い人材が重宝される時代になっていくことでしょう。

 

どんな時代どの業界でも、なくてはならない部署が人事部と総務部でしょう。

中小企業は、人事部と総務部で分かれていないところも多いですが、人事総務の仕事のない会社はありません。

 

人事総務の仕事は、採用や人員配置のイメージが強いかもしれませんが、社員教育、研修の実施、人事考課、従業員のストレスチェック、給与計算、労務管理など多岐に渡ります。

 

これらの仕事には、専門的な知識が必要となることが多いです。

人事総務部への転職を考えている方、人事総務でのキャリアアップを図りたい方は、資格取得が有利になる場合もあります。

 

ただ闇雲に関連の資格を取得するのではなく、その会社が今どこに課題があるのかを見極めて資格を取得することが一番効果的でしょう。

 

そのためには、人事総務部がどんな仕事をしているのか、人事総務部の仕事ごとに適正な

資格は何かを知る必要があります。

本記事では、人事部3本の矢である

 

1.人材採用・教育・研修、人事考課労務管理
2.給与計算・入退社手続き
3.経営戦略

 

また人事総務部の仕事と精通する士業の資格も3つ紹介したいと思います。ごとに適正なおすすめ資格を7選に加え、あまりおすすめできない資格も紹介していきます。

 

まず人事総務部の仕事について見ていきましょう。

 

人事部・総務部の仕事

人事部の仕事

人事部の仕事は、基本的に人の動きに関する手続きや管理が仕事になります。

主な仕事内容は次の通りです。

  • 採用・募集
  • 社内教育・研修
  • 入退社手続き・社会保険手続き
  • 労務管理・給与計算
  • 労災や私傷病による休業等の手続き
  • 人事評価など

 

総務部仕事

病院などでいう総合窓口みたいな感じです。

代表の連絡先になっていることが多いので、会社の問合せやクレームなどはこちらに来る可能性が高いです。

 

以下のものが主な仕事になります。

  • 社員からの問い合わせ対応
  • 社外からの問い合わせ対応(代表の連絡先)
  • 来客対応
  • 社内行事の企画
  • 福利厚生の運用
  • 自社の備品、土地の管理

以上が人事総務の主な仕事内容になります。

 

会社は、仕事をバンバン取ってくる優秀な営業マンだけいても、成り立ちません。

人事総務部のようなバックオフィスの仕事がずさんだと、社員が安心して働くことができず、社員の満足度や労働生産性が低下することになるからです。

 

社員満足度が低い→労働生産性が下がる→残業が増える→離職率が上がるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

そのため社員の教育や労務管理などに携わる人事部の役割は、会社にとって一番重要なポジションと言えます。

 

人事部を強化する

人事部の体制を強化するには、次の3点が挙げられます。

  • 人事部を独立させる
  • 資格保有者や専門的な知識を持った人間を責任者とする
  • 社会保険労務士にアウトソーシングする
人事部を独立させる

総務部と人事部が一緒になっている企業が多いですが、分けた方が仕事の区分もはっきりします。

そうすることで、社員個人の悩みや各営業所の問題点がはっきりして、隅々までケアすることが可能となります。

 

総務部と人事部は分けるべき理由については、また後日、別記事で深堀したいと思います。

 

資格保有者や専門的な知識を持った人間を責任者とする

労務管理や給与計算などの仕事をしていると、経験からミスを事前に防ぐことができたりします。

法律の知識も非常に重要なので、資格保有者や経験豊富なベテランの方がいると、方向性を間違えずに仕事が進められるはずです。

 

社会保険労務士にアウトソーシングする

中小零細企業では、人事部や総務部すらないところもあるでしょう。

そういうのはなるべく避けたいところです。

 

従業員の給与計算や労働時間の上限など専門的な知識が必要であり、複雑な法律も絡んできます。

他にも未払い残業代や労災など、労務トラブルで訴訟に発展するケースも多々あります。

 

そういう場合は、労務管理や社会保険手続きのプロである社会保険労務士にアウトソーシングすれば、人事的なことはほとんどやってくれるでしょう。

それなりの知識や経験のある人間を雇うより、固定費を抑えることができます。

 

自分が社労士になるという選択肢もあります。

メリットは次の通り。

  • ジョブ型雇用に適した専門性が得られる
  • 人事部の管理職候補になれる
  • 働き方改革の重要性がわかる
  • 独立という選択肢もある
  • 大手企業の人事部の転職に有利

「【フォーサイト失敗談】社労士試験に不合格となった理由」では、私が社労士試験に如何にして合格したかの体験談などを詳しく書いています。

社労士の仕事や試験に、ご興味がある方はぜひ見てみて下さい。

【フォーサイト失敗談】社労士試験に不合格となった理由
「フォーサイトの合格率ってホントなの?」「社労士試験に挑戦しているが、なかなか合格基準に達しない」という方必見です。 本記事では、数ある通信講座の中で、全国平均の4倍以上の合格率を誇るフォーサイトの社労士講座について解説します。 私が実際にフォーサイトを受講して合格した勉強法や、一度不合格になってしまった失敗談なども交えながら解説していきます。

 

また社労士以外にも人事部に活かせる仕事はたくさんあります。

人事部には、以下の3本の矢となる仕事がありますが、こちらの柱に精通する資格を取得することをおすすめします。

  1. 人材採用・教育・研修、人事考課
  2. 労務管理 給与計算・入退社手続き
  3. 経営戦略

この3本の矢がしっかりしている企業は、売り上げも伸びている優良企業であることが多いです。

そのためには、3本の矢の知識を付けて、1本1本を太くしていく必要があります。

では3本の矢のどれに役立つのかも含めて、おすすめの資格を紹介していきます。

 

おすすめ資格7選一覧表

Ⅰ.人事総務検定2.3級
試験の目的
  • 人事総務部の知識及び実務能力に関する検定試験。
  • 一般社団法人人事総務スキルアップ検定協会が主催し、LECが指定講習実施団体として実施する。
こういう人におすすめ(矢)
  • 内容は、人事総務の基礎部分。特別認定講習で資格が取得可能なので、人事総務に新任になった方はまず受講するといい。(1、2)
試験内容(教科)
  • 特別認定講習を修了することで取得可能。検定試験を受けるだけだと実務に生きる知識が付かないので、講習を受講して資格取得しましょう。
  • 3級:労働保険・社会保険の仕組みや従業員採用の手続きなど 全2回
  • 2級:採用・入社、賃金、労災・健康保険の給付、給与計算や年末調整基礎など 全4回
受験資格
  • 3級:特になし
  • 2級:3級に合格した者
合格率
  • 特別認定講習受講(検定試験のみ受けることも可)
難易度  ★☆☆☆☆☆
参考勉強時間
  • 3級:2時間半×2回
  • 2級:2時間半×4回
試験頻度
  • 随時(通信講座はあり)
試験の費用
  • 2.3級の特別講座(通信WEB動画のみ)44,000円
公式ホームページ https://www.lec-jp.com/jinjisoumu/
Ⅱ.ビジネス・キャリア検定2.3級
試験の目的
  • 職務を遂行する上で必要となる知識の習得と実務能力の評価を行うことを目的とした試験
こういう人におすすめ(矢)
  • 自分で試験を選ぶことができる。
  • 自分が身に着けたい知識や会社の課題が明確な場合は、それに合わせて受講できるので、専門分野を作りやすい。(1.2)
試験内容(教科)
  • 人事・経理・マーケティング・総務など8分野43試験から自分の職種に合った試験を選ぶことができる。
受験資格
  • 特になし
合格率
  • 3級:48~71%
  • 2級:29~69%(試験分野による、令和元年試験)
難易度  ★☆☆☆☆☆ ~ ★★☆☆☆☆
参考勉強時間
  • 50~100時間
試験頻度
  • 前期:実技6月中旬~9月上旬 学科7月末~9月上旬
  • 後期:実技11下旬~翌2月下旬 学科翌1月末~2月中旬
試験の費用
  • 3級:6,200円
  • 2級:7,700円
公式ホームページ https://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html

 

Ⅲ.給与計算実務能力検定
試験の目的
  • 企業・団体の総務・人事・経理などの管理部門で求められる給与計算業務に対する知識・実務遂行力の明確な評価尺度として、その実務能力を測るための検定試験。
こういう人におすすめ(矢)
  • 給与計算業務に携わることになったときにはじめて受けるべき試験。運送業などの複雑な給与体系の業種や年末調整までも任される場合は、1級レベルの知識が必要(B)
試験内容(教科)
  • 給与計算業務に必要な基礎知識
  • 給与計算実務に必要な法的知識(労働基準法等)
  • 演習問題(実際の給与計算)
受験資格
  • 特になし
合格率
  • 2級:72.47%
  • 1級:46.23% (2019年11月試験)
難易度  ★☆☆☆☆☆ ~ ★★☆☆☆☆
参考勉強時間
  • 50~100時間
試験頻度
  • 年2回 2級:3月と11月 1級:11月のみ
試験の費用
  • 2級:8,000円
  • 1級:10,000円
公式ホームページ https://jitsumu-up.jp/about/
Ⅳ. メンタルヘルス・マネジメントⅠ、Ⅱ種
試験の目的
  • 働く人たちの心の不調の未然防止と活力ある職場づくりを目指して、職場内での役割に応じて必要なメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を習得するための資格
こういう人におすすめ(矢)
  • 長く働くためには、従業員の心のケアは非常に重要。周囲に気配りができ方におすすめな資格(B)
試験内容(教科) (1)企業経営におけるメンタルヘルス対策の意義と重要性(2)メンタルヘルスケアの活動領域と人事労務部門の役割(3)ストレスおよびメンタルヘルスに関する基礎知識など Ⅰ種は選択と論述問題 Ⅱ種は選択問題
受験資格
  • 特になし
合格率
  • Ⅱ種:43.3%
  • Ⅰ種:15.6%
難易度  ★☆☆☆☆☆ ~ ★★☆☆☆☆
参考勉強時間
  • 50~100時間
試験頻度
  • 年2回 Ⅱ種:3月と11月 Ⅰ種:11月のみ
試験の費用
  • Ⅱ種:7,480円
  • Ⅰ種:11,550円
公式ホームページ https://www.mental-health.ne.jp/guide/

 

Ⅴ. 人事評価者検定
試験の目的
  • 人事評価者として学習すべき基礎的事項から上級者の習得レベルを証明するもので、特定非営利活動法人 人事コンサルタント協会が認証する検定試験。
  • 今後テレワークの普及で人事評価制度を改定しなければいけない企業が多いため、需要が必ず伸びる。
こういう人におすすめ(矢)
  • 会社で管理者となり人事評価をする立場になった、もしくは今後会社の人事評価制度を新しくしたいと思っている。
  • 人事コンサルタントとして起業したい。(A)
試験内容(教科)
  • 初級:「評価の基本」「評価要素の理解」「評価者が陥るエラー」 初級は受講料、テキスト、検定試験のすべてが無料(受験もWEB)

 

  • 上級:初球の内容に加え、「目標管理に関する理解」「部下育成面接の進め方」 原則会場での試験
受験資格
  • 特になし
合格率
  • 非公開
難易度  ★☆☆☆☆☆ ~ ★★☆☆☆☆
参考勉強時間
  • 50~100時間
試験頻度
  • 初級:WEB受験
  • 年2回 上級:2月と8月
試験の費用
  • 初級0円
  • 上級3,850円
公式ホームページ http://hrm-consultant.or.jp/jhk/

 

Ⅵ.第一種衛生管理者免許

試験の目的
  • 労働安全衛生法において定められている、労働条件、労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理者となる資格
こういう人におすすめ(矢)
  • 建設業、運送業などの危険な作業が伴う業種の管理者。
  • 安全及び衛生の管理を各現場に落とし込むために、管理者へ教育する者(A、B)
試験内容(教科)
  • 関係法令 17問(配点150点)
  • 労働衛生 17問(配点150点)
  • 労働生理 10問(配点100点)
受験資格 (1)大学、短大、高専卒の場合は実務経験1年以上

(2)高校卒の場合は実務経験3年以上

(3)その他 学歴に関係なく実務経験10年以上

合格率
  • 46.8%(令和元年統計)
難易度  ★★★☆☆☆
参考勉強時間
  • 100時間
試験頻度
  • 関東では毎月3回以上実施
試験の費用
  • 6,800円
公式ホームページ https://www.exam.or.jp/exmn/H_shikaku502.htm
Ⅶ.キャリアコンサルタント
試験の目的
  • 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行う専門家。
こういう人におすすめ(矢)
  • 従業員のキャリア形成支援者として、従業員のキャリアプランを立てたりするため人と付き合うことが好きな人。
  • 国家資格を取得したい人
  • 育休や産休後のキャリアの相談窓口にもなれる人(A)
試験内容(教科)
  • 学科(100分)

キャリアコンサルティングの社会的意義

キャリアコンサルティングの役割の理解

メンタルヘルスの知識

自己啓発の支援など

  • 実技(論述50分)(面接20分)

相談過程において必要な技能

受験資格
  • 厚生労働大臣が認定する講習の課程を修了した方
  • 労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力開発及び向上のいずれかに関する相談に関し3年以上の経験を有する方
  • 技能検定キャリアコンサルティング職種の学科試験又は実技試験に合格した方
  • 平成28年3月までに実施されていたキャリア・コンサルタント能力評価試験の受験資格である養成講座を修了した方(平成28年4月から5年間有効)
合格率
  • 学科および実技同時受験者55.8%(第14回)
難易度  ★★★☆☆☆
参考勉強時間
  • 100~150時間
試験頻度
  • 春夏秋に毎年実施
試験の費用
  • 学科:8900円
  • 実技:29,900円
公式ホームページ https://www.jcda-careerex.org/information/requirements.html

 

以上の資格は、割りと時間を掛けずに取得可能な優良なものですが、次の資格の勉強はあまりおすすめしません。

 

オススメしない資格

Ⅰ.人事総務検定の1級とⅡ.ビジネス・キャリア検定の1級は、正直おすすめしません。

その理由は、この2つの資格はあくまでの人事総務部の仕事の基礎的な部分を理解するために受けるべき資格だからです。

 

1級になると難易度もぐんっと上がり、勉強時間が相当かかります。

 

その意欲があるなら、社労士や行政書士といった士業を志した方が、独立開業などの道も開かれ、将来の選択肢が広がります。

 

ではそれら人事総務部の仕事に精通する士業の詳細を見ていきましょう。

 

もっと難易度の高い資格(将来独立・開業を考えている)

人事総務の管理者クラスになれば経営者目線を持つことも大切です。

また人事部の3本の矢の視点も加えると士業の資格を取ることをおすすめしますが、先ほどの資格と比べると難易度は格段に上がることになります。

おすすめ資格 士業編

Ⅰ.行政書士
試験の目的
  • 行政書士試験は、行政書士法に基づき、総務大臣が定めるところにより、行政書士の業務に関し必要な知識及び能力について、毎年1回以上行われている試験。
こういう人におすすめ(矢)
  • 本格的な法律系の国家資格試験の中で登竜門のような位置づけ。
  • 行政書士の仕事は、官公署に提出する許認可などの煩雑な申請書類の作成・提出手続きを本業とするため、企業の総務部の仕事にも精通しておりおすすめ。(※人事部には向かない)
試験内容(教科)
  • 憲法、行政法、民法、商法および基礎法学、一般常識(政治・経済など)
  • 出題形式:択一式と論述式
受験資格
  • 特になし
合格率
  • 令和元年 11.5%
難易度  ★★★★☆☆
参考勉強時間
  • 700時間
試験頻度
  • 年1回 11月第2日曜日
  • 試験時間 13~16時まで
試験の費用
  • 7,000円
公式ホームページ https://gyosei-shiken.or.jp/doc/guide/guide.html

行政書士は、ビザの申請書類を作成することができます。

また申請取次者である場合は、入館管理局に本人に代わって提出も可能です。

外国人労働者が増加することが見込まれるため、今後さらに需要が高まってくる資格になります。

Ⅱ.社会保険労務士
試験の目的
  • 企業を経営して行く上での労務管理や社会保険、国民年金、厚生年金保険についての相談・指導を行うことを職業とする為の国家資格取得の試験。
こういう人におすすめ(矢)
  • 人事労務分野の専門家として、企業経営にも携わりたい方にはおすすめ。
  • 社労士資格を取得するには、協会への登録も必要で、登録することで法律の知識向上や社労士同士の人脈もできるため、実務での再現性が高い(A、B、C)
試験内容(教科)
  • 労働基準法、労働安全衛生法、労災法、雇用保険法、労働保険徴収法、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法、労務管理その他労働に関する一般常識、社会保険に関する一般常識
  • 出題形式:選択式と択一式
受験資格
  • 学校教育法による大学、短期大学、専門職大学、専門職短期大学若しくは高等専門学校(5年制)を卒業した者又は専門職大学の前期課程を修了した者など

※詳しくはオフィシャルサイトを参照

合格率
  • 令和元年 6.6%
難易度  ★★★★★☆
参考勉強時間
  • 1,000時間
試験頻度
  • 年1回 8月第4日曜日
  • 試験時間 午前中:10時30分~11時50分(選択式)
    午後:13時20分~16時50分(択一式)
試験の費用
  • 9,000円
公式ホームページ https://www.sharosi-siken.or.jp/exam/howto.html

 

社労士は、人事部資格の最高峰と位置付けられています。

今後、働き方改革やテレワーク、ジョブ型雇用による人事評価制度の見直しなどで、需要がより一層高まっていくことは間違いありません。

 

社労士の合格率は、4年連続6%台と難関試験ですが、通信講座のフォーサイト受講者の平均合格率は、20%台となっています。

社労士に興味のある方は、参考までにどうぞ。

フォーサイト社労士講座を徹底分析【7万人に選ばれた講座の実態】
「フォーサイトってよく聞くけど信用できる?」「社労士講座を受講した人の体験談を聞きたいなあ」「他社との違いがわからない」フォーサイト社労士講座の受講を検討されている方で、こんな悩みをお持ちではありませんか? 本記事では、フォーサイトのメリットだけでなく、私の受講経験から感じたデメリットも包み隠さず紹介します。 フォーサイト社労士講座の受講を検討されている方は、まず本記事をご覧ください。
Ⅲ.中小企業診断士
試験の目的
  • 中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断及び経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度。
こういう人におすすめ(矢)
  • 企業の成長戦略策定やその実行のためのアドバイスが主な業務になるため、中小企業の経営者に近いポジションを狙いたい方におすすめ。(A、C)
試験内容(教科)
  • 1次試験:「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理(オペレーション・マネジメント)」「経営法務」「経営情報システム」「中小企業経営・中小企業政策」の7科目 筆記試験
  • 2次試験:中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ~Ⅳの4科目 筆記試験および口述試験

※中小企業診断士になるには、その後15日以上の実務補習を受ける必要があります。

受験資格
  • 特になし
合格率
  • 令和元年 1次試験:30.2%2次試験:18.3%
難易度  ★★★★★★
参考勉強時間
  • 1,000~1200時間
試験頻度
  • 年1回
  • 1次試験:8月第1土曜日と日曜日

1日目9:50~17:10 2日目9:50~15:00

  • 2次試験:10月第3日曜日 9:40~17:20
試験の費用
  • 1次試験:13,000円
  • 2次試験:17,200円
公式ホームページ https://www.j-smeca.jp/contents/010_c_/010_r01_shiken.html

中小企業やベンチャー企業の経営者は、実務に関しては長けていますが、経営についての知識が乏しいところがあったりします。

そういった経営者の相談役として中小企業診断士は活躍しています。

また行政のパイプ役や補助金などの申請手続きなども行うなど幅広い分野で活躍することができます。

本記事のまとめ

次の方はおすすめ資格7選の資格を取得するといいです。

  • ジョブ型雇用の普及に向けて専門性を高めたい
  • 知識を付けて、効率的に仕事をしたい
  • 人事部で出世がしたい

次の方は士業の資格を取得することをおすすめします。

  • 人事総務部で管理職になりたい
  • 独立開業をしたい
  • 経営者目線を養いたい
  • 責任のあるポジションに就きたい
  • 早く出世がしたい

働きながら資格を取得するというのは、そう簡単なことではありません。次の方は士業の資格を取得することをおすすめします。

ただ、資格と関連する仕事に就きながら、勉強したことが実務でアウトプットできる環境が整っているのなら、絶対に資格の勉強をすべきです。

 

あなたのキャリアアップや仕事のモチベーション向上にもなります。

まず簡単な資格から挑戦し、成功体験を積み上げてください。

それが将来の大きな成果に繋がるはずです。

タイトルとURLをコピーしました