社労士の資格取得講座【絶対に失敗しない通信講座5選】

社労士

社労士の資格取得講座【絶対に失敗しない通信講座5選】

 

資格試験の勉強をする際、以前は通学型の講座がほとんどでしたが、通信教育を専門とする企業も増え、今やサラリーマンが資格を取得する手段として主流となりつつあります。

 

その証拠に近年、社労士試験の合格率を見ると、全国平均の3、4倍もの実績を上げている通信講座は、いくつも存在し、その数は年々増え続けています。

 

みなさんの中にもこれから通信講座で、勉強を始めたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな方々の中には、次のような悩みを抱えている方もいるかもしれません。

 

  • 通信講座がたくさんあって何を選べばいいかわからない
  • 何を基準に選べばいいかわからない
  • そもそも通信講座でも合格は可能なのか?イマイチ信用できない、など

 

私も3年前に通信講座で社労士試験の勉強を始める前は、ネットで調べれば調べるほど、どの講座を選べばいいのか悩み、本当に通信講座で合格できるのか不安でした。

 

本記事は、通信講座で社労士試験に合格した実績のある私が、そんなみなさんの悩みを解決したいという思いで書きました。

通信講座を選ぶ際のポイントやメリット・デメリットについて、それを踏まえて選ぶべきおすすめ講座を5つ紹介していきます。

 

ではまず通信講座のメリットとデメリットについて解説していきましょう。

 

通信講座のメリット・デメリット

通信講座で勉強しようと悩んでいる方は、通信講座のメリットとデメリットを知っておく必要があります。

デメリットよりメリットの方が大きいと感じた場合は、通信講座をおすすめします。

 

デメリット

  • モチベーションを保つのが難しい
  • 自力で問題を解決する作業が必要
  • 情報収集が困難

通信講座は、通学型の予備校と違って、基本的に一人で勉強をすることになります。

励ましあう仲間もいなければ、すぐ聞ける講師もいません。

自主性が求められます。

強制力が弱いので、毎日決まった時間に机に向かい続けられる強い意志が必要です。

 

メリット

  • 受講料が安価
  • 通学する時間も費用もかからない
  • 自分のペースで学習できる
  • 学習する場所を選ばない

 

通信講座のメリットは簡単に言えば、「時間」「場所」「金」です。

 

予備校まで通う必要もないため、通学時間も交通費も発生しません。

またeラーニングシステムなど、どこでも勉強できるツールも揃っているので、学習する場所を選ばないのも大きなメリットと言えます。

 

そして最大のメリットは受講料の安さでしょう。

通学型の予備校は、家賃や講師の人件費が高額のため、受講料を高くせざるを得ません。

それに比べて通信講座は、学習場所は受講生に用意してもらうため、家賃はかからず受講料は予備校の半額程度に抑えられています。

 

最近の通信講座は、安価だからと言って、テキストの質が低いわけではありません。

ただ多くの講座が存在し、どう選んでいいかわからないのは事実です。

 

通信講座を選ぶ際は、次の5つの事項に重点を置いて選んでみて下さい。

 

通信講座選び方・注意点

次の5つの事項が見るべきポイントになります。

 

  1. 受講者数
  2. 合格率
  3. 学習継続率
  4. 価格帯
  5. 講座の特徴

 

受講者数

当然ですが、受講者数は多ければ多いほど、たくさんの人からその講座が選ばれたということです。

HPや口コミを見たり、友達からおすすめされたり、理由はいろいろあると思いますが、その講座が信用できると感じたから選ばれたはずです。

 

つまり「受講者数 = 信用」なのです。

よって受講者の数が多い講座を選ぶことは、一番無難と言えるでしょう。

 

合格率

合格者数ではなく、合格率が大切です。

合格者数だと、安い料金で人数を集めることが目的になり、講座内容の質が軽視されてしまいます。

 

今の通信講座の市場は、安いだけで売れる時代ではありません。

どの企業もコンテンツの質を上げようと、日々講座内容を改良しています。

つまり「合格率 = 実績」となります。

受講者の何割を合格に導けたかが、本来の実績なのです。

 

学習継続率

社労士試験は、1,2年勉強しても受からないことはよくあります。

つまり勉強が長丁場になるということ。

どんなにいい勉強法や講座と出会っても、本試験を受けなければ合格はできません。

 

合格の絶対条件は、継続することなのです。

そのためには、わからないところは質問できたり、挫折しないための勉強ツールが用意されていたり、講座側からの学習サポートが必要となります。

 

つまり「学習継続率 = 学習サポートの充実」となります。

 

価格帯

通信講座の相場は10万円前後です。

通学型の予備校などと比べたら半額以下になります。

合格できる確率が同じなら当然値段が安い方を選びますよね。

 

それに安い方が行動するハードルも下がり、挑戦しやすくなります。

つまり「価格帯 = 行動のしやすさ」です。

 

勉強は1日でも早く始めるに越したことはありません。

思い立った日が吉日です。

 

講座の特徴

通信講座によって、特徴はさまざまです。

 

  • 学習サポートに重点を置いている
  • 独自のeラーニングシステムを持っている
  • テキストをなるべく薄くして、学習のハードルを下げている
  • 合格ラインギリギリを狙うため、基礎に重点を置いた講座である
  • 合格ラインを遥かに超える高得点を狙っている
  • テキストをなくし、スマホだけで学習できるようにしているなど

 

どの講座も多くの人から支持されるため、ありとあらゆる工夫をしています。

多くの人から支持されているからと言って、選ぶのはミスマッチになり兼ねません。

 

「講座の特徴 = 相性」と捉えて下さい。

 

自分の性格や生活スタイルに合うか、自分が目指すべき目標は何かを、しっかり見極めて判断することが大切です。

 

以上の項目を総合的に判断して、講座を選ぶことをおすすめします。

次の章では、先ほどの項目を踏まえて、おすすめの通信講座を紹介したいと思います。

 

おすすめ通信講座5選

おすすめの講座ごとに、前章の5つのポイント別にA~Dランクで評価しました。

5つのポイントのおさらい

  1. 受講者数   =  信用
  2. 合格率    =  実績
  3. 学習継続率  =  学習サポートの充実
  4. 価格帯    =  行動のしやすさ
  5. 講座の特徴  =  相性

総合評価の結果は次の通りです。

総合評価 講座名 公式サイト
A フォーサイト
B クレアール
C スタディング
C アガルート
C ユーキャン

では講座ごとの詳細をそれぞれ見ていきましょう。

 

合格実績・受講者数NO.1 フォーサイト

総合評価:A
受講者数 合格率 学習継続率 価格帯 講座の特徴
A A B A B
①テキストと学習サポート体制
  • フルカラーで見やすく、他社より薄めな厳選されたテキスト
  • テキストはeラーニングシステム「ManaBun」でどこでも見られる
  • 質問回数上限あり 10~15回(セットによる)
②講座種類と値段
教育訓練給付制度の対象講座

バリューセット1

基礎講座+過去問講座のセット

受講料:83,800円 ※今なら5,000円引き!

 

バリューセット2

基礎講座+過去問講座+直前対策講座(横断学習や法改正対策など)のセット

受講料:120,800円 ※今なら10,000円引き!

 

全額返金保証制度の対象講座

バリューセット3

基礎講座+過去問講座+直前対策講座+過去問演習システムのセット

受講料:(DVDなし)131,800円 (DVDあり)143,800円 ※今なら10,000円引き!

③特徴(おすすめポイント)
  • 業界NO.1の支持率 累計7.3万人の受講者数
  • 業界NO.1の合格率 驚異の25.7%! 全国平均4.02倍(2020年度実績)
  • 低価格な上、高品質なフルカラーテキスト
  • 次世代eラーニングシステム「ManaBun」でどこでも学習可能
④他社と比べ劣っている点(課題)
  • 合格ラインのギリギリを狙っているため、高得点を取りたい人には向かない
  • 受講代がスタディングに次2番目の安さということもあり、受講ハードルの低さから途中で挫折する人も少なくない
  • 質問回数に上限がある
⑤教育訓練給付制度
  • 指定講座あり

  講義を受けての感想

  • フルカラーテキストは、やはり見やすい。イラストや図表を多用しているため、他社と比べて文章量も少なく、頭に入りやすそう。
  • コンパクトで無駄のないテキスト。合間にあるコーヒーブレイクの時間が気分転換になっていい。
  • eラーニングシステム「ManaBun」だけで、一問一答、選択式対策、用語集、過去問、eスタディなどすべての勉強ができてしまう。

口コミ20代で社労士に合格!勉強期間11カ月で合格した秘訣とは?

社会保険労務士 DVDコース(基礎+過去問+直前対策)
20代

新卒採用の業務に携わっていらっしゃる望月さん。ご自身の業務に役立つとの理由から社労士試験の受験を決意されました。しかし、試験の直前期と仕事の繁忙期が重なるため、学習時間をうまく確保する必要がありました。
平日に1日1~1.5時間の学習をされ、トータルで400時間を確保し、見事一発合格を勝ち取られました!

望月 大輝様【合格者インタビュー】2018年度 社会保険労務士試験

参照サイト:フォーサイト公式ホームページ

 

私は、以前フォーサイトで勉強しましたが、1年以内の短期合格は叶いませんでした。

ただ、1年目の反省を生かし、2回目の社労士受験で合格を勝ち取ることができました。

その際、私が不合格となったときの失敗談と、そこから何を学び、どう合格にたどり着いたかは以下の記事で、体験談を書いています。

ご興味があればぜひご覧ください。

【フォーサイト失敗談】社労士試験に不合格となった理由
「フォーサイトの合格率ってホントなの?」「社労士試験に挑戦しているが、なかなか合格基準に達しない」という方必見です。 本記事では、数ある通信講座の中で、全国平均の4倍以上の合格率を誇るフォーサイトの社労士講座について解説します。 私が実際にフォーサイトを受講して合格した勉強法や、一度不合格になってしまった失敗談なども交えながら解説していきます。

 

学習継続率NO.1 クレアール

総合評価:B
受講者数 合格率 学習継続率 価格帯 講座の特徴
B C A B B
①テキストと学習サポート体制
  • 色んな種類のテキスト・問題集が充実している
  • 質問無制限
②講座種類と値段
  • 初学者対象コース

2021・2022年合格目標 一発ストレート合格セーフティコース

万が一に備えた最新講座が2年間受講できる保証付きコースです。

受講料:242,000円

  • 学習経験者対象コース【中級者向け】

2021・2022年合格目標 中級セーフティコース

本試験受験したことがあり、択一式で30~40点の方におすすめなコースです。

受講料:204,000円

  • 学習経験者対象コース【上級者向け】

2021・2022年合格目標 上級パーフェクトセーフティコース

本試験受験したことがあり、択一式で40点以上の方におすすめなコースです。

受講料:188,000円

③特徴(おすすめポイント)
  • 質問無制限の充実したサポート体制
  • 非常識合格法は受講者以外からも広く支持されている
  • 有名な2名の講師
  • 講座数・テキストの種類は一番多く、マンネリ化しにくい
  • 安価で2年目以降も講座を受講できるセーフティプランを受けられる
④他社と比べ劣っている点(課題)
  • 合格率が非公表のため透明性に欠ける
  • テキストが多すぎて、すべてやり切れるか心配
⑤教育訓練給付制度
  • 指定講座あり

  講義を受けての感想

  • 答練マスター講義は、基本的な論点を細分化して、問題形式で解説してくれるので、基礎的な知識を深めることができる。
  • テキストの種類が多いため、マンネリ化しづらく、勉強を継続することができそう。

口コミ

ゼロからスタート、一年で一発合格!

クレアールが自分に合っているなと、思ったのは授業、教材ともに丁寧に作っていると感じたからです。

その分こなすのは大変ですが逆に他の教材はなくても大丈夫でした。

今から振り返ってみるとクレアールの授業・教材で試験合格に必要なものは揃っていたので、どれも手を抜かずに取り組めば、試験に立ち向かう力は身につくはずです。

 

クレアールは合格率を公表していませんが、教育訓練給付制度の指定講座は厚生労働省に報告義務があります。

そこの資料を見れば、H30年度の合格率14.3%と受験率86.9%と公表されています。

 

受験率は、最後まで挫折せずに本試験を受講した人の割合なので、学習継続率と言い換えられます。

クレアールの受験率86.9%は、通信講座で一番高い数値になります。

 

他社と比較した検証結果の詳細については、こちらの記事を参照ください。

フォーサイト社労士講座の評判【現役社労士による評価とは?】
「フォーサイト社労士講座の評判を知りたい」「デメリットはないの?」「教材は私に合うかな?」そんなお悩みを解決します。 私は過去にフォーサイトの社労士講座の受講経験のある現役の社労士です。 受講した経験を踏まえたフォーサイト社労士講座のメリット・デメリット、世間の評判に対する現役社労士の視点からの意見も述べたいと思います。

 

価格安さNO.1 スタディング

総合評価:C
受講者数 合格率 学習継続率 価格帯 講座の特徴
C D C A A
①テキストと学習サポート体制
  • 紙のテキストなし
  • 学習サポートなし(質問不可)
②講座種類と値段
  • 基本コース

社労士合格コース

試験直前の法改正、白書・統計対策まで付録された安価のコースです。

受講料:59,400円(分割月々5,100円×12回から)

 

  • フルパックコース

社労士総合コース

直前対策答練と合格模試まで付録された充実のコースです。

受講料:79,200円(分割月々6,800円×12回から)

 

③特徴(おすすめポイント)
  • スマホ学習に特化した、業界最安値の通信講座
  • 2019年開講の超新星⇒今後トップを狙える
  • 講義の中で過去問を例に挙げて解説してくれるので、アウトプットする機会もあり効率的
④他社と比べ劣っている点(課題)
  • 実績がなく、合格率のデータがない
  • 質問などが一切できない
  • デジタルテキストが少し使いづらい
  • 合格に最重要な選択式問題の練習問題数が少なく感じる
⑤教育訓練給付制度
  • 指定講座なし

  講義を受けての感想

  • 過去50年の出題で、何回論点にされたかが★の数でわかるようになっていて、重要度がわかりやすい(他社と違ってABCなどの単純なランク付けにしていない)。
  • 先生のイラストは、過去問のひっかけ問題が出たところ解説。女性のイラストは重要な部分の補足や難しい条文の解説など、役割もはっきりしていて理解しやすい。
  • 問題集は、「一問一答形式のもの」と「本番を意識した出題形式のもの」の2種類あり、メリハリをつけて学習できる工夫がされている。

口コミ

スタディングはスマホやタブレット一つで全教科確認できるので空いた時間を活用して仕事の合間を見つけ勉強できる。

今までは教科書を使用していたため、外出中にも荷物になり一部の教科しか勉強できなかったが、スタディングはスマホやタブレット一つで全教科確認できるので、空いた時間を活用して仕事の合間を見つけ勉強できる。

 

合格サポート制度の充実度NO.1 アガルート

総合評価:C
受講者数 合格率 学習継続率 価格帯 講座の特徴
B A B C C
①テキストと学習サポート体制
  • フルカラーで見やすい
  • テキストの内容が充実しており、網羅的に解説されている
  • 初学者から受験経験者まで幅広い受講生に対応するため、テキストは厚め(フォーサイトとは真逆のスタイル)
  • facebookグループでいつでも質問可能
②講座種類と値段
  • 初学者向けコース

基礎講義&総合講義

「総合講義」に入る前に、法律の基礎知識を学べる初学者におすすめのコースです。

受講料:168,000円

 

  • 初学者向けフルパックコース

社労士試験初めての方が1年で合格するための対策を、すべて揃えたフルパックのセットです。

入門総合カリキュラム

受講料:238,000円

 

  • 中上級者向けコース

総合講義にプラスして、オリジナル問題の「実力確認答練」が付録された高得点を狙う方向けのセットです。

演習総合カリキュラム

受講料:218,000円

③特徴(おすすめポイント)
  • 合格率28.6% 全国平均4.5倍
  • 講義はインターネット配信のため、PCでもスマホでも受講可能
  • facebookグループで何回でも質問可能
  • 「合格したら講座にかかった費用全額返金制度」「合格お祝い金 現金3万円贈呈」など合格したときの制度が手厚い!
  • ベテランの3名の有名講師が指導
④他社と比べ劣っている点(課題)
  • 価格帯が高い
  • 他社と比べてこれと言っておすすめできる特徴がない
  • テキストが厚いため、法律初学者にはおすすめできない
  • 教育訓練給付制度がない
⑤教育訓練給付制度
  • 指定講座なし

講義を受けての感想

  • テキストが厚い分、フルカラーにして見やすく工夫されている。
  • 実力確認答練は、高得点を狙いたい方にはとても有益だと感じた。
  • 無料サンプルを頼むと、科目ごとに横断学習ができる項目の表がついてくる。これだけでサンプルを頼む価値あり、かなり有益な表だと思う。

口コミ

大河内先生のわかりやすい、チャプター毎に10分から30分程度に短く区切った講義が魅力的でした。
残念ながら昨年の試験は、勉強不足の健康保険で、択一式が4点取れず不合格が確定的だったので、9月から昨年と同じアガルートさんを受講することにしました。

もう一度大河内先生の講義を視聴し、理解を深め、これがもう最後の試験の思いで今年の試験に臨みました。

運もあるかもしれませんが、お陰様で、10年くらいかけてやっと合格することができました。

知名度NO.1 ユーキャン

総合評価:C
受講者数 合格率 学習継続率 価格帯 講座の特徴
A C C B C
①テキストと学習サポート体制
  • テキストは2色
  • 添削11回 質問1日3問まで可能
  • 受講料の分割16回払いができる
②講座種類と値段
 〇教材一覧

  1. メインテキスト:10冊
  2. 副教材:
  • 基本確認ドリル
  • 科目別ガイダンス動画
  • ガイドブック
  • 過去問攻略集2冊
  • テーマ別実践問題集2冊
  • その他(添削質問関係書類・スケジュール表等)

受講料:79,000円(分割月々4,980円×16回から

③特徴(おすすめポイント)
  • 誰もが知っているので安心感がある
  • 令和元年は、228名が合格した実績がある
  • アプリ版のデジタルテキストもあるので、いつでもどこでも勉強可能
  • 分割の16回払いでも月々4,980円の低価格
  • 添削指導があるので、通信講座だと見つけにくい自分の弱点の発見につながる
④他社と比べ劣っている点(課題)
  • フルカラーテキストが多い中、2色カラーのテキストはチープ感がある
  • フルカラーテキストに比べるとやはり見づらい
  • 資料請求しても、無料のサンプルテキストなどが付いてこないので、自分に合っているか判断しづらい。
⑤教育訓練給付制度
  • 指定講座あり

講義を受けての感想

  • テキストの章の初めに、マンガ形式で要点がまとめられているので、章の全体像を把握しやすい。
  • すぐアウトプットできるように、次ページに問題演習が付いているので、知識の定着に役立つと感じた。

口コミ

『基本事項を反復』がベース!

今日合格証書が郵送されて来ました。
ユーキャンの過去問、速習レッスン、模試の反復で合格可能であることは間違い無いと思います。

本当にありがとうございました。

あと学習中の孤独感、苦しみ、イライラは学びーズ掲示板『社会保険労務士試験に合格したい!』に参加して癒されたことが、最後まで学習継続出来た大きな要因だったこともお伝え致します。

 

以上のおすすめの通信講座5選は、参考になったでしょうか。

自分の性格や生活スタイルにあった講座を選ぶことが勉強を継続するためのポイントです。

また「働きながら資格を取るなんて無理だよ」って思う方もいるかもしれません。
私も勉強を始める前はそうでした。

働きながら資格を取るには、押さえておかなければならないポイントがいくつかあります。

続いては、働きながら資格を取るためのコツをご紹介します。

働きながら資格を取るコツ

働きながら資格を取ることは確かに大変なことです。

仕事で疲れているし、時間もありません。

ただ資格をとっている方は、短期間で知識をつけるコツを知っています。

その働きながら資格を取るための重要な4つのポイントを紹介します。

4つのポイント

  • 習慣化する
  • 時間の作り方
  • インプットとアウトプットの関係
  • テキストの活用法

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

習慣化する

まず始めは勉強を習慣化することです。
そのためには、毎日短い時間でいいので、決まった時間に勉強するクセをつけることが大事です。

勉強を習慣化するためのおすすめは、朝30分勉強することです。
朝は、仕事終わりなどと違って、誘惑が少ないので、勉強の計画が狂わず、継続しやすいからです。

残業などが多い方は、ぜひ朝勉から始めてみてください。

時間の作り方

社労士試験の勉強目安時間は、1000時間と言われています。

そのためには、平日2、3時間、休日は5、6時間確保したいところです。
働きながら2、3時間も確保できないと思うかもしれませんが、工夫をすれば十分可能です。

確かにまとめて2、3時間の勉強時間を確保することは、難しいかもしれません
ただ、スキマ時間などを使って、1日通算して2、3時間の勉強をすることは可能でしょう。

例えば以下のようなイメージです。

朝(0.5時間)+ 通勤(1.5時間) + 夜(1時間) = 3時間

その他にも仕事の休憩中や営業までの移動中など、スキマ時間をうまく活用してみてください。

わかりやすいのは、スマホをいじっている時間がどれだけあるかですね。
スマホをいじれるタイミングは、勉強時間になり得ます。

少しでもその時間を勉強に当てるようにしましょう。

インプットとアウトプットの関係

インプットとアウトプットの黄金比って知っていますか。

一番いいと言われているバランスは、以下の通りです。

インプット:アウトプット = 3:7

この比率を意識してみて下さい。

またバランスと同じぐらい大事なのは、インプットからアウトプットへのスピードです。

インプットしたことはなるべく、その日中には過去問を解いたりしてアウトプットするようにしましょう。

新しい知識は、何もしないと次の日には、半分以上を忘れてしまうと言われています。

知識は、新鮮な内に捌くことです。

テキストの活用法

テキストの活用の仕方は非常に大切です。

一番はインプットするのにあまり時間をかけすぎないことです。

次のことを意識してください。

  • わからなくてもバンバン飛ばす
  • 完璧主義はダメ!初めからすべてを覚えようとしない
  • 適材適所!場所にあった勉強ツールを使う

基本的な知識が少しずつ付いて、浅くても知識の幅が広がると、気づいたら理解できていたなんてことはよくあります。

またeラーニングシステムなどを使って、わからないところはスキマ時間に見直すなど状況にあった勉強ツールを活用しましょう。

今の通信講座は、外やスキマ時間に学習できるツールが揃っていることもあり、需要が延びています。

働きながら資格を取る方法は、以下の記事でもっと詳しく解説しています。

興味があればぜひご覧ください。

サラリーマン、資格取る!【忙しくても資格を取得する方法教えます】
「みんな仕事をしながらどう勉強しているの?」「仕事が忙しくて勉強がはかどらない」そんな悩みを抱えている方々。 本記事で紹介する4つのポイントを押さえれば、仕事をしながら国家資格を取得することができます。 決して難しいことは書いてないので、ぜひ一度ご覧ください。

最後におすすめの勉強スポットをご紹介します。

おすすめ勉強スポット

通信講座の良さは、勉強場所を選ばないということです。

通信講座なら次のような場所で勉強可能です。

場所①

メリット
  • お金がかからない
  • 移動時間もなく、時間を有効活用できる
デメリット
  • 誘惑が多い(テレビ、ベッドなど)
  • マンネリ化しやすい
  • 孤独

場所②カフェ・ファミレス

メリット
  • 安い
  • 周りも勉強している人が多いので、集中し、刺激になる
デメリット
  • 団体が来るとうるさくて、集中できない
  • 時間帯によっては混んでいて座れない

 

 

場所③図書館

メリット
  • 無料
  • 静かではかどる
  • 周りも勉強しているため、刺激になる
デメリット
  • 場所によっては時間制限がある
  • カフェやファミレスと違ってどこにでもあるわけではない

場所④カラオケボックス

メリット
  • 完全個室
  • ドリンク飲み放題
  • 作業スペースが広い
  • カフェや図書館と違って、音読ができる
デメリット
  • カフェなどと比べると料金が割高
  • 隣の部屋の歌声がうるさいときがある
  • 完全個室なので家感が出てダレる
  • 勉強時間より、歌っている時間の方が長くなる恐れがある

場所⑤歩きながら

メリット
  • 気分転換にいい
  • 運動しながら勉強するのは効果的
デメリット
  • eラーニングなどがないとできない
  • 耳で聞くだけの勉強しかできない
  • 天候・気温に左右される
  • 長時間はできない

家で集中できる方は、金銭的にも時間的にも一番メリットがあります。
ただ、気分転換に外に出かけて勉強するのも非常に効果的です。

特にカラオケボックスは、今テレワーク向けにWifiなどのネット環境や仕事に集中できる環境を整えているところも多いので、勉強にも最適です。

家や職場の近くで、自分が勉強モードに切り替えられる場所を探してみてはいかがでしょうか。

本記事のまとめ【講座別リスト】

本記事のおさらいとして、おすすめ講座5つまとめました。

おすすめポイント 講座名 公式サイト
受講者数・合格実績NO.1 フォーサイト
学習継続率NO.1 クレアール
最安値NO.1 スタディング
合格後のお祝い金の手厚さNO.1 アガルート
知名度NO.1 ユーキャン

本記事でおすすめした5つの講座はすべて実績のある講座です。
どの講座が正解というわけではありません。

ただ講座選びに時間を掛け過ぎるのはあまりよろしくありません。
どうしても選びきれないという方は、フォーサイトをおすすめします。

総合的に一番評価されている通信講座になります。

1日でも早く勉強を開始して、日常に勉強を取り入れることが合格への近道です。

本記事が、みなさんの社労士試験の勉強をスタートするきっかけになることを望んでいます。

タイトルとURLをコピーしました