退職届はいつまでに出せばいいのか

転職

退職届はいつまでに出せばいいのか。

 いまの会社を辞めたいが、退職届を「いつまでに出せばいいの?」「誰にどういう風に出せばいいかわからない」という方。そんな退職に関する疑問にお答えします。
 また自分の会社が他と比べてどうなのか気になる方は、別記事で「退職するべき会社のチェックリスト」について書きましたので、先にそちらをご覧ください。

1 退職届を出すタイミング

 1-1 まず法律上の話

 法律上の話をすると、有期契約と無期契約とで違ってきます。
 有期契約の場合、やむを得ない事由がないと契約期間の中途で解約することはできません。
ただ、契約期間の初日から1年を経過すると、いつでも退職することができるとされています。
 「家族の介護のため」などの理由だったら「やむを得ない事由」と認められる可能性が高いみたいですが、その辺は一度会社側に相談するべきでしょう。
 無期契約の場合、民法の規定により退職の申し出をした日から起算して14日を経過したときは、退職となります。

 1-2 いますぐ出そう

 転職先が決まっているなどの理由で、希望退職日が明確な場合は、退職届をいますぐに出しましょう。
 自分の中で抱えていたモヤモヤが晴れると思います。
 私の経験上、上司に退職の意思を伝えることは、退職までの一番高いハードルです。大きな一歩が踏み出せたという前向きな気持ちになれるはず。
 周りに同僚がいて言い出しづらいという方は、会社のメールやLINEを使ってもいいと思います。
 ただ、その場では「ご相談したいことがあるので、お時間を作っていただけますか」という程度に留めておきましょう。退職するという意思表示は、上司に直接会って伝えるべきです。
 面と向かって言う方が、相手に本気度合いが伝わりますからね。

1-3 退職届を書く

 退職の意思を伝えるときは、必ず退職届も一緒に提出しましょう。意思表示は、口頭でも有効ですが、書面で提出する方が、確実です。あとで「言った言わない」になるトラブルは避けたいですからね。
 書式は、ネットのテンプレでもいいですし、会社に書式が用意されている方が多いと思います。
 決まりきった文言なので、覚えておいてもいいかもしれません。
 退職届
○○〇〇株式会社 代表取締役社長 〇〇 〇〇 殿
このたび、一身上の都合により、勝手ながら○○年〇月〇日をもって退職いたします。
〇〇年〇月〇日
〇〇部 氏名:〇〇 〇〇㊞
という感じ。

1-4 退職届の受け取りを拒否された場合

 上司が「人手不足だから今月いっぱいとか無理」などの理由で、退職届を受け取ってもらえない場合があるかもしません。
 しかし、会社があなたの退職を認めなくても退職することは可能です。人手不足は会社の都合ですから、気にする必要はありません。
 先に述べた通り、無期契約の場合、退職希望日の14日前までに退職の意思を伝えれば、退職することができます。ただ、あなたの現在の立場や退職後、いまの会社とどう付き合いたいかによって、強行突破するか、譲歩するか変わってくるかと思います。
 その辺の気持ちの整理をつけてから退職届は、出すべきでしょう。

1-5 就業規則の規定と異なる場合

 先ほど無期契約の場合、「民法の規定により退職の申し出をした日から起算して14日を経過したときは、退職となる」と述べましたが、就業規則で「1か月前までに申し出ること」と規定されている会社が多いかもしれません。
 その場合は一般的には民法の規定が適用されると考えられています。
 ただ、退職に伴う業務の引継ぎが不十分などの理由で、会社に損害が生じた場合は、会社から損害賠償を請求される恐れがあります。
 やむを得ない事由があるとき以外は、就業規則の規定を守るべきでしょう。

1-6 最終手段

 私が前職を退職する際、上司から執拗に引き留められました。周りの先輩や後輩は、私の退職に対して理解を示してくれましたが、そのあいだ孤独な気持ちになり、「会社を裏切っているのではないか」「自分が何か悪いことをしているのではないか」という気持ちにさえなりました。
 退職するとき、誰しも孤独です。
 大切なのは、芯をしっかり持つことと、社外で相談相手を見つけることです。学生時代の友達、すでに会社を辞めた同期や先輩もいいでしょう。この会社を辞めるんだという気持ちを切らさないでください。
 どうしても退職したいと言い出せないときは、「退職代行」というサービスもあります。
 有料になりますが、そちらを使ってみるのも一つの手かもしれません。

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

2 退職までの流れ

退職のフローチャート

 会社を辞めた経験のない方は、退職までのイメージが湧きづらいかもしれません。会社によって様々ですが、イメージ的には下記のとおりです。
 参考にしてみてください。
  1.退職届を書く
 ・ネットのテンプレでOK
 ・会社で書式が用意されている場合が多いかも
  2.所属長(課長、所長など)に提出する
 ・退職理由、退職後のことをしっかり固めること、言いくるめれてしまうかも
 ・就業規則の退職に関する規定もチェックした方がいい
  3.上司との面談
 ・会社によっては、居酒屋でのパターン
 ・優しい言葉を掛けてくるのでブレない様に
 ・ときにあなたと親しい同期や後輩を同席させて、説得するという姑息な上司もいるので注意
  4.退職日の調整
 ・退職条件に付いて妥協できることと、できないことを明確にしておくこと
 ・有給残数を確認しておくこと
  5.責任は果たすこと
 ・しっかりとした引継ぎを行うこと
 ・間違っても退職日が決まってから遅刻はやめよう
  ここまで一生懸命働いてきたのに、最後で評価が落ちるのはもったいない
  6.社内の手続きなどの確認
 ・給与の最終支払日
 ・退職金の有無 ある場合は「退職所得の受給に関する申告書」を提出
 ・社会保険、雇用保険などの喪失手続きなど、基本は会社がやってくれるから気にせずOK
  7.社内、社外のお世話になった人にご挨拶
 ・人によってはメールで済ませる
  8.退職

まとめ

 

 最後に重要なポイントをまとめました。

・退職届を出すのに躊躇しない方がいい
・有期か無期か自分の契約を確認しましょう。
・就業規則の規定をチェック
・辞めるときは誰しも孤独、社外で相談相手を見つけよう
・退職までの流れを確認、退職までの心の準備を
 辞めるという「意思」を伝えるのは、とても勇気がいることです。ただ、そのアクションをまず起こさないことには何も始まらない、ということを肝に銘じてください。
 退職を正月の駅伝に例えたら、スタート直後にあの急な坂を登るって感じですかね。いきなり難所がやってきます。
 しかし、それを乗り越えれば勢いよく坂を下るだけ。退職までのスピードが一気に早まることでしょう。
 きっとあなたの知らない世界がそこにはあります。あとは、たった一歩踏み出すだけなのです。



タイトルとURLをコピーしました