転職に年齢制限なんてない理由

転職

転職に年齢制限なんてない理由

 転職は年齢制限があると言われますが、そんなことありません。ただ、限定はされます。それは求人を募集する会社によって、求めている人材が違うからです。「転職に失敗しないか不安です」っていう声を耳にしますが、転職の成功とは何でしょうか。
 それはあなたが今まで培ってきた経験やスキルを活かせる場所を、見つけられるかどうかです。
 そして募集している企業が、あなたの能力を100%発揮できる環境と仕事を用意できると判断し、ミスマッチなく働き続けることができれば、それは成功と呼んでいいのではないでしょうか。
 転職を成功させるためには、企業が求めている人材について知っておく必要があります。
 今回の記事では、「年齢別の求められるスキル」や「年齢に関係なく転職ができる業種」をまとめましたので、ご覧ください。
 
 

1 転職は年齢で制限される

1-1 年齢の限定の意味

 会社が求人募集をする際、原則として年齢制限を設けてはいけません。なので年齢だけを理由に、採用を断られるということは、ないでしょう。(一部例外はありますが)
 ですが、募集する側は、採用したい人の想定年齢は当然あります。それは実年齢というよりは、希望のスキルや経験値から想定した年齢となります。
 中堅管理職の社員が退職をし、そこの人員補充を目的に募集をした際、社会人経験3年目ぐらいの若い人が面接に来たら不採用にしますよね。
 そういった意味では制限というより、年齢を限定することはあるでしょう。
 転職する際は、採用側が求める人物像を想像することが大事になってきます。
 

1-2 管理職の年齢の問題

 あとはベンチャー企業などで、管理職が20代ということもあり得ます。そういう場合、30、40代は採用しづらいでしょうね。人柄によるでしょうけど、いまの組織に馴染むことができるかというのは、重要な採用基準になるでしょうし。社風に合わないなんて理由で、不採用にされる可能性が高いです。
 
 

1-3 ニーズはたくさんある

 「転職35歳限界説」ってよく耳にしますよね。まぁもう過去の話でしょうね。転職する人の、4人に1人は35歳以上とも言われています。
 日本の65歳以上の人口割合と同じぐらいです。そう考えると多いですよね。
 この説を唱える人は、何もせず年齢により転職を諦めた人か、転職活動はしたけど、何度か落ちて諦めた人かのどちらかではないでしょうか。
 「やっぱり遅すぎたんだ」って思う気持ちはわかりますけど、10年以上の社会経験があって、即戦力を求めている会社はたくさんあります。
 ただ、20代を面接するより、ハードルが上がり、採用側も慎重になるのは当然のことです。狭き門であることには変わりません。
 

1-4 女性はどう?

 女性の転職の平均年齢は、およそ30歳ぐらいです。男性は33歳ぐらいなので、少し低いぐらいですね。
 ただ、出産し、育児と両立しながら、職場に復帰したり、新たな業種に挑戦する前向きな方も増えてきています。
 育児と両立する女性社員の、サポート体制を整備する企業も増えてきています。
 男性より女性に向いている仕事って結構ありますからね。会計、経理、財務といった正確性が求められる緻密な作業とかは、その一つだと思います。
 お金の管理は、会社にとって生命線となるので、とてもやりがいのある仕事です。
 その先に簿記の資格を取ったり、税理士の資格を目指したりというキャリアアップも望める職種なので、ぜひ挑戦してみてください。
 

2 経験は資格より強みになる

2-1 年齢によって求められているスキルが違う

 「専門の資格がないと転職に不利ですか」って言われる方がいますが、そりゃあるに越したことはありませんよ。あなたがやりたいことがあるなら尚更です。
 ただ、一番大切なのは「あなたの仕事観」です。仕事観は、年齢や経験によって変わってくるもの。採用の面接などでも聞かれることが多いです。面接官は、あなたの仕事観が、社風とあっているか見極めているのでしょうね。そこの食い違いは、ミスマッチに繋がりますから。
 あとは年齢や社会経験によって求められることは変わってきます。次で年代別に見ていきましょう。
 
  ◇20代に求められるもの
  1.  チャレンジ精神
  2.  将来性
  3.  ストレス耐性
 20代はいっぱい挑戦して、失敗からたくさんのことを学ぶことが大切です。そのためには、前向きにチャレンジする精神、失敗しても耐えられる強い心が必要です。
 将来性は、技術とか頭の良さというよりは、メンタル面ですね。物怖じしないとか、きちんと意見が言えるとか。「自分の力で、将来を切り開くんだ」という強い気持ちを持っているかということです。
 
  ◇30代以上に求められるもの
  1.  リーダーシップ
  2.  判断力
  3.  問題解決力
 30代になると、管理職候補として見られます。管理職に求められるのは、チームを引っ張るリーダーシップです。それだけでなく、会社の利益のために正しい選択ができる判断力、部下のミスをフォローできる問題解決力も必須でしょう。
 以上が備わってこそ、みんなから信頼されるリーダーとなれるのです。
 
◇40代に求められるもの
  1.  教育力
  2.  経験
  3.  論理的思考力
  4.  マネジメント能力
 40代は、管理職として部下の教育ができているかが一番重要です。部下を動かし、その組織がどれだけ会社に利益をもたらしたかが、あなたへの評価のすべてです。
 そのために部下個人の能力を把握し、それぞれに適した仕事を与えるという「マネジメント能力」、時には理にかなった戦略を立てる「論理的思考力」も必要となってくるでしょう。
 経験から得た知識は、どんな能力よりも武器になります。経験からくる判断は、説得力があります。
 言葉にも、重みが増すでしょう。
 

3 年齢関係なく転職できる業種教えます

 

3-1 経験がモノをいう

 年齢に関係なく、転職のしやすい業種を紹介したいと思います。
  •  宿泊、飲食などの接客娯楽業
  •    建設業・運送業
 何となく納得できる業種だと思います。宿泊や飲食などのサービス業は、経験がものを言います。お客様をおもてなしするサービス精神は、短い期間で身につけられるものではありません。意外と細かいところを見落としちゃうんですよね。
 建設業・運送業は、長年培った経験からくる技術や勘を大切にする、豪快かつ繊細の仕事です。職人の技ってやつです。
 この辺は人手不足も深刻なので、即戦力が求められます。年齢を問わず、あなたのこれまでの経験が重宝される業種になります。
 ご興味のある方はチェックしてみて下さい。↓

物流・運送業専門のドライバー採用支援!
月間15万人のドライバーが閲覧する日本最大級の
ドラバー専門求人サイト「ドラEVER」です。

ドライバー専門求人サイト【ドラEVER】に掲載相談!

まとめ

 今回の記事の内容をまとめました。
  • 採用側が求めている人物像を想像する
  • 「転職35歳限界説」はもう古い
  • 年齢によって求められているスキルは異なる
 
 転職活動で大切なのは、自分の売りをしっかりアピールすることです。そのためには自分自身をしっかり見つめ直し、自己分析してみてください。結構難しいです。自分が何者かって、意外とわからないものです。
 まず自分に自分を売り込む。そこから始めましょう。
 



タイトルとURLをコピーしました